2008年1月15日 (火)

モナリザ、新たな事実

あえかなる面差しに微かな笑みをたたえた美しい女の半身肖像は、誰もが見慣れている。言うまでもない、レオナルド・ダ・ビンチの「モナリザ」だ。
このモデルが誰なのか、さまざま説があるが、ドイツのハイデルベルク大学図書館が人物の特定に繋ぐ新たな事実を発表した。
『同図書館によると、蔵書を整理中、1477年に印刷された書物の余白にダビンチに関する手書きの記述があるのを職員が発見。フィレンツェの役人が書き付けたもので、そこにはダビンチがフィレンツェの商人の妻、リザ・デル・ジョコンド(リザ・ゲラルディーニとしても知られる)の肖像画を制作中だ、と記されていた。
 手書きの記述には「1503年10月」の日付が記されており、ダビンチのモナリザ制作時期と重なる。同図書館は「今回の発見はモナリザのモデルを特定する重要な証拠となった」としている。』
(朝日新聞)

夏目漱石「永日小品」のなかに、この名画をテーマにした作品『モナリサ』がある。古道具屋を覗くのが趣味の男が、あるときガラス額縁入りの西洋の画を買い、家に持ち帰り欄間に飾った。絵の中の半身の女性の顔を見た妻は「気味の悪い顔」「この女は何をするか分らない人相だ」と言う。案の定、欄間の上から突然落ちてガラスが壊れ、なんとも縁起の悪い画として取り扱われている。額の裏に入っていたメモには「モナリサの唇には女性(にょしょう)の謎(なぞ)がある。原始以降この謎を描き得たものはダ ヴィンチだけである。この謎を解き得たものは一人もない。」とあることから、これはモナリザの複製画だろう。
触らぬ神に祟りなしとばかりに「縁喜(えんぎ)の悪い画を、五銭で屑屋(くずや)に売り払った」という話。
人の眼はいろいろで、名画といえども予備知識を持たなければこんなものかも知れない。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年1月10日 (木)

本になったポチ

Img_0067_2 私のお気に入りのブログ、島村益樹さんの『雑種犬ポチの一生』が名前も新たに『新幹線に乗ったポチ』として書籍化された。
正式な刊行日は1月15日だから、まもなく書店に並ぶ。その前に、私は著者から贈られた。ブログ上では更新の都度読んでいたが、加筆、校正され本になったものを読み返してみると、これは文句なしに犬文学のひとつになり得る作品である。
プロローグの「フェンスの向こうから」の情景は、貰い手のなかった2歳の雑種犬ポチの不安そうに訴える目だった。
その目が著者と合った瞬間に彼は島村家の一員になった。利口でハンサムで、時にはお騒がせなことをしたが、いつも家族と一緒だった。あるときは、父親の介護に帰省する奥さんに伴って、ゲージに入って新幹線に乗った。13キロのポチがゲージに入れば総量16キロにもなる。それを首から吊るしてホームを移動する奥さんの孤軍奮闘振りには思わず涙。やがて老犬になったポチは病との闘い、島村夫婦にとっては老犬介護の日々が続く・・・。

構成は、平成2年の第1話「ポチが我が家にやってきた」から、島村家の帰省先・丹波で失踪したポチを捜し求めて、再度丹波を訪れた平成16年年末の最終話「丹波の風に誘われて」までの全54話のエッセイが収録されている。
島村家におけるポチという犬の生涯が追われているというより、彼を含む家族の日々がより濃く描かれている。

ペットブームが叫ばれて久しい。ブログ上でもペットに関するコラムやエッセイが間断なく続いているくらいで、その勢いは止まるところを知らない。ストレスの多い現代社会だから、人はそれほどまでにペットに癒しを求めるわけで、今や人生のパートナーといところだ。
島村益樹さんの『雑種犬ポチの一生』が明かしたものは、聖家族的雰囲気とエッセイは人柄だという基盤の感銘だ。
ポチも幸せだったが、彼を愛した家族の幸せがにじみ出ている。
是非一読をお勧めしたい。
アマゾン他インターネットオンライン書店ではすでに注文可能になっている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

くず餅

おいしいもののことならこの人

Img_9608_2 Kuzu_3

彼女おすすめの亀戸天神は船橋屋のくず餅。
近辺に取扱店がないか検索したが
名古屋のデパートにも置いてない。
ないとなると無性に食べたくなるのが口いやしい私。
早速NET注文、送料もバカにならないから実家の分も入れ3箱注文。

そのくず餅が今日届いた。
取りあえずは実家に2箱を持って行き
帰ってから、早速試食。
くず餅に、黒糖蜜と香ばしいきな粉を絡ませると
これはもう絶妙なバランスの和風スイーツだ。

くず餅と言えば葛粉から出来ていると思い込んでいたら
船橋屋のものは上質の小麦でんぷんを発酵させたものだという。
関西の葛餅、あれは吉野葛で有名な葛粉を使っているはず。
NETで調べてみたら、くず餅も2種類あるということだ。
関東の方は舟橋屋にみるように、小麦でんぷんで出来たものが主流。
そう言えば、表記も漢字とひらがなの違いがある。
それぞれ素材の持ち味があって、あとは好み如何による。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

スリッパ

五本指の靴下が健康に良いということで
おしゃれな5本指靴下が出回っているようだ。
指の間に隙間があることによって、指に力が入り下半身に踏ん張りが出来
上半身の疲れ具合が少なくなるらしい。

Zouri_3 靴下ではないが、5本の指を出したまま履けるスリッパ(布草履)を貰った。
これがかなり快適。第一に指をさらけ出しだから換気が良いのでムレない。
素材が古布で、編目のデコボコが足裏への適度な刺激になり血行が良くなる。

外へでれば靴で足を締めつけているから、せめて家にいる間だけでも
素足に布草履で過ごすのも良いのでは・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

オークション

ときどきオークションを楽しんでいる。
売り手ではなく、買う一方。
オークションは激安物や掘り出し物がある代わりに、専門店でのオンラインショッピングと違って不安も伴うから、大抵は家族で外食する金額の範囲内での落札になる。

Take 先日、油彩画2点を落札、ゲットした。これはかなりの掘り出し物。掘り出し物と言っては失礼だが、独立美術協会会員の竹内晟さんの作品。今は九州に引き篭れて、福岡の朝日カルチャーセンターで絵を教えてみえるが、洋画の世界では一流の先生だ。実は、この私が絵(主に石膏デッサン)を習っていた先生でもある。今でも親交があり、福岡での先生の個展に出かけることもあるが、作品の価格は、私には手の出ないものばかりだった。

Take2今回、私がオークションで手に入れた作品は、先生の初期作品のように伺える。
絵裏のサインも、紛れもない先生の直筆。
どなたかが購入されたたものの、何らかの事情で古物業者に持ち込まれたらしい。

さて、お気づきかもしれませんが、ブログパーツを増やしました。視力検査、ポッドキャスト、災害鉄道情報など。
どうぞお楽しみください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

ウォーキング

  昨日のこと。
健康のために、安城市にあるデンパーク内をウォーキングした。
万歩計を携帯して、目標は7000歩。
犬の散歩ではせいぜい3000歩がいいところだから、その倍以上を目指したわけだ。
メインゲートからは遠い水生植物の群生する沼の方まで足を伸ばし、ほぼ園内を一周した。夏の花が終わって、今は植え替え時期なのか作業姿の人たちが忙しそうにしていた。

Hasu途中、淡墨桜の池になんとも迫力のある姿で浮いているものを見つけた。
以前、別府の海地獄の植物園でも見たことのあるオオオニバスだ。
お盆のような形をした大きな葉っぱ、直径1.5mくらいはある。
デンパークでは「パラグアイオオオニバス」となっていたが、元々はブラジルのアマゾン川流域に生息するスイレン科の植物。
ここでも見事に雄姿を現していた。
Ooonibasu 浮力が大きいということで、子供なら十分乗れるという。デンパークでも、毎夏には体重20キロまでの子供の試乗会があるとのこと。確かに目の前にした葉っぱは大きい。
とは言っても、立ち上がっている葉の縁はそれほど分厚いものではない。
子供が乗ったら破れてしまうのでは・・・。
そんな心配をしながら万歩計を見ると5900をちょっと切れている。
これ以上は無理というもので、7000歩は私にはきつい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月30日 (日)

パソコンを離れて

この夏の異常な暑さには参った。
なんせ体温以上の気温が続いたのだから
体調を崩してもおかしくない。
やっと涼しくなって来た。
これで元の健康状態に自然復元していくのかな、という感じ。
いまさらながら、健康第一を実感している。

「頭痛カレンダー」を付けて自己管理をしているが
どうやら疲れ目が原因のひとつらしい。
長時間のパソコンや、深夜の寝床読書にって眼精疲労を引き起こしていた。
パソコンはメールチェックだけにして数週間、今は頭痛の頻度が少なくなった。
パソコンの前に坐る時間が少なくなれば、時間的ゆとりも出てくる。
寺山修司の「書を捨てよ街へ出よう」のノリで、パソコンを捨て街を彷徨うのも良いのかも・・・。

そうは言っても若くはないし、くそ真面目な私だから、はちゃめちゃは出来ない。
せいぜい美術鑑賞といったところ。

過去1ヶ月間の鑑賞メモ。

(9/23)
Picasso_2 「ピカソ展」(ルートヴィッヒ美術館コレクション)
会場:岡崎市美術博物館/現在開催中
会期:9月1日(土) → 10月8日(月・祝)

ピカソはギネスブックに登録されているほどの多作な画家であるわけで、その作風もめまぐるしく変化している。古典主義から超現実主義までのあらゆる手法を生かして描いたということだ。私は瞼を一杯に開き、作品の数々に網膜を晒してみた。
ひとつひとつの作品が何か攻撃的に迫ってくる感じで、天才ピカソのエネルギーを感じた。
ピカソ作品以外にも、ロベルト・オテロの撮影したピカソの写真が展示されていたが、その表情から見える人間ピカソが魅力的だ。

(9/17)
「岸田劉生展」
会場:刈谷市美術館/現在開催中
会期:9月15日~2007年10月28日
敬老の日に両親を連れての鑑賞。
代表作の「麗子像」シリーズには、独特の妖気のようなものを感じた。

(9/3)
Ijin_2 「異邦人たちの夢」展
会場:松坂屋美術館
会期:終了
    8月11日(土)~ 9月10日(月)
パリで活躍した出身国も画風もさまざまな画家たちの作品展だが、今回は主に日本人画家に焦点が当てられていた。佐伯祐三や東郷青児、藤田嗣治、岡本太郎といった私でも名前を知っている画家の作品が多く、興味をもって鑑賞できた。

(9/8)
Hoshi 「サン=テグジュペリの星の王子さま展」
会場:名古屋栄三越 7階催物会場
会期:終了
    8月28日(火)~9月9日(日)

さきごろ山梨県北杜市の「えほんミュージアム清里」で見つかった原画、王子さまが巡る四番目の星の実業屋も展示されていた。
サン=テグジュペリ自身によるデッサンや手紙も展示されていて興味深いのだが、会場は満員でゆっくり鑑賞できなかったのが残念。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

9月も半ばですね

暑い暑いと口にしている間に
風が吹くようにページは流れ
既に9月もなかば

8月の始めから
のべつ幕なしに、左首筋から頭にかけてズキズキと痛むので
脳の中で、何か重大なことが起きているのでは・・・
そんな疑念が常につきまい
脳を輪切りにしてみた。

寝かされたベットが移動し
超伝導MRI装置の円筒内に頭を入れると撮影開始。
撮影中は「コンコン」と木槌を打つ音が鳴り響くが
狭い筒の中で固定した頭には苦痛だ。
それでなくとも頭が痛いときなので、撮影時間15分は長い。

撮影後ほどなくして検査結果が出た。
フィルムをみながらの説明では
脳、頚骨ともに異常なく、特定できる原因なし。
疲れやストレスからでは、とのこと。

処方してもらった薬がSG顆粒。
鎮痛剤だから、一時的な解消に過ぎない。
数時間すると再び痛み出す・・・毎日こんな有様。
特にPCの前に座ると、ドーンとした不快感に付きまとわれるのだから
メールチェックだけに終始している。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

夏休み

Kabuto2 

ここ数日の暑さにはこたえる。
2階の私の部屋はことのほか暑く
冷房を入れっぱなし。
その結果の疲労感や倦怠感が
思考回路を悪くするらしい。
私の頭は夏休みといったところ。

ひょんなことからカブトムシを飼う羽目になった。
夜行性のカブトムシは
昼間、マットの中で眠る。
暑くないだろうか・・・
いや、暑いから活動が鈍っているのかもしれない。
夜になると元気になるらしく
バタバタと羽を広げて飛ぶまねをしている。
日があけて朝が来れば
立てかけておいたクヌギの木片はひっくり返り
ほとんど押しつぶされたままの格好で
その日一日を過ごす。
昼間のカブトムシもやっぱ夏休み。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

鳴り響く太鼓の音と若者の歓声

Mando2_2 Mando3_2 Mando4_3

各地で夏祭りが盛んに行われている。
私の町にも「万燈祭り」というのがある。
200年以上の歴史を誇る奇祭だ。
高さ5メートルもある武者人形を型どった「万燈」を
若者が担いで笛や太鼓の音に合わせて踊りまわる。
町内単位でその勇壮を競うわけだ。
最近ではデンソーを始めとするトヨタ系企業の参加で
一層の地域活性化と伝統継承に拍車をかけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧