フォト

ぶらり京都(2020年10月12日~10月13日)

  • 錦市場
    「Go Toトラベル」を使って、京都一泊一人 無計画、思い付きの旅です 簡単な説明をつけています 画像をクリックしてください

2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« コロナ禍の成人式 | トップページ | 備忘メモ »

2021年1月12日 (火)

「緊急事態宣言」愛知も対象に・・・?

愛知県の大村知事と岐阜県の古田知事が「緊急事態宣言」の対象地域に両県も加えるように国に要請したようだ。
不要不急の外出自粛など、いろいろな制限が出てくると思うが感染防止のために致し方ない。

私の通っているスポーツクラブでは「緊急事態宣言」が出ても、今のところ時短要請はないようで通常営業らしい。
ただし、スタジオレッスンついては受講者を定員の60パーセントに規制するとのこと。

B_simple_121_0m_20210104204601

論語知らずの一日一言論語

論語『学而篇第一』(10)

原文:子禽問於子貢曰。夫子至於是邦也。必聞其政。求之與。抑與之與。子貢曰。夫子温良恭儉譲以得之。夫子之求之也。其諸異乎人之求之與。

読み方:子(し)禽(きん)、子貢(しこう)に問いて曰く、夫(ふう)子(し)の是(こ)の邦(くに)に至(いた)るや、必(かなら)ず其(そ)の政(まつりごと)を聞く。之(これ)を求(もと)めたるか、抑(そもそも)之(これ)を与(あた)えたるか。子貢(しこう)曰く、夫(ふう)子(し)は温(おん)・良(りょう)・恭(きょう)・倹(けん)・譲(じょう)、以(もっ)て之(これ)を得(え)たり。夫(ふう)子(し)の之(これ)を求(もと)むるや、其(それ)諸(こ)れ人(ひと)の之(これ)を求(もと)むると異(こと)なるか。

訳:子禽(キン)が子貢にたずねる、「うちの先生はどこの国にいっても、きっと政治にかかりあうが…。たのむのかな、それともたのまれるのかな。」子貢 ―― 「先生はオットリとへりくだっていてそうなるんだ。先生のやりかたはだね、こりゃどうも人のやりくちとはちがってるね。」(魚返善雄『論語新訳』)

上記、訳についてはWeb漢文大系から引用した。ご了承ください。

上記のほかに、青空文庫に掲載されている下村湖人の『現代訳論語』では、厳格な訳文というよりも、枠にとらわれない自由な発想で柔軟に解釈 されたものが全文読め

Img_0205

 

« コロナ禍の成人式 | トップページ | 備忘メモ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍の成人式 | トップページ | 備忘メモ »

月齢

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ