ぶらり京都(2020年10月12日~10月13日)

  • 錦市場
    「Go Toトラベル」を使って、京都一泊一人 無計画、思い付きの旅です 簡単な説明をつけています 画像をクリックしてください

2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

プロフィール

フォト

« 情報から | トップページ | 情報から »

2020年8月27日 (木)

所詮は矛盾の多い性格の持主

昔、小説家になりたいと思い、数年、朝日カルチャセンターに通ったことがある。
そうは言っても進んで師の指導を仰いだり、物書き仲間と交って切磋琢磨し合うこともしなかった。5531_20200827233601

小説家たる三条件があるらしい。

①思い出上手

②おしゃべり好き

③うそつき

この3つとも私には当てはまらない。
だから私は小説が書けない・・・ということにしておく。

①について言えば、同窓会とかクラス会とかいうのが、苦手であまり行かない。
昔、出来が悪かったので行かないというわけでもないし、今の生活レベルが低いから行き辛いというのでもない。
ああいう会の中心にある「思い出」が苦手であるし、一向に懐かしいとは思えないのだ。
ところが、ああいう会での思い出上手な人は結構多い。
お酌をしながら、しきりに人の思い出までも語ってくれから感心してしまう。

②に関して言えば、子どもと話すのは1時間でも2時間でも子どものレベルに応じた話ができるのだが、基本、お世辞が言えない性格で、普段、大人と話すのが下手で1週間や10日、誰とも話さなくっても平気でおられる。(NETでのおしゃべりは別)

③のうそつきだが、事をオーバーに表現したり、はっきりそれと分かるような法螺は時々吹くが、うそはつけない性質だと思う。
どちらかと言うと、うそつきの人にうそをつかれても、それをうそと見破るだけの才量も持ち合わせていないから、後で手痛い目に会う事もある。

こんな次第だから小説が書けないし、無論、小説家にはなれない。

ああ!悲しいかな……

Img_3696_2

« 情報から | トップページ | 情報から »

コメント

>ふきのとうさん
コメントをチェック後の公開設定にしているために、公開が遅れて失礼しました。
ニコルさんの再放送は、関東甲信越だけの放送でした。
W.ニコル・アファンの森財団 .のFacebookからダイジェスト版が無料で観れます。nhk.or.jp/archives/people/detail.html?id=D0009250604_00000

人それぞれの生き方の好みも多様性があるから面白いんですよね。

PS
CWニコルさんの番組、楽しみにしておりましたが静岡では放送されずとても残念でした。

日差しは正しく秋です。楽しみしていた頂き物の小玉西瓜がまるっきり食べられなくて残念でした。何でも勿体ないと思う性質の私にも食べるのに抵抗のあるほど不味いのでした。それでこちらにお邪魔した次第。3条件のうち①は記憶の良い方だと自負しています。②極度な人知り癖がありますので...③相手を慮るための嘘はついたことがあります。嘘をつかれたことは有りますが...ブログを綴るていどのことしか出来ません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報から | トップページ | 情報から »