2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« SNSを通しての依頼とは驚き! | トップページ | 今は2020年ですけど・・・ »

2020年7月26日 (日)

甘く見てはいけない

昨日(7/25)TBSの「報道特集」で、ウイルスに感染し九死に一生を得て生還したコロンビア大学付属病院の加藤友朗医師(多臓器移植の分野でのパイオニア)を取材していた。

それによると、はじめは発熱だけで症状は軽かったという。

そのうえ、当時は陽性でも症状が強くなければ自宅で待機という状態だったし、甘く考えていたようだ。

ところが数日後に呼吸困難に陥り325日入院。

人工呼吸じゃないといけなくなり集中治療室に移され、その後はECMOにつながれ昏睡状態で、2か月にわたる治療が続いたようだ。

退院後、今なお後遺症との戦いのようで、脊髄脳神経のまひが残り、医師として手術のメスを握る右腕が肩から上に上がらなくなり、リハビリに励んでおられるようだ。

新型コロナウイルスの怖いところは、体中にウイルスの症状がでることで敗血症を引き起こすようだ。

「この病気は実は大したことないという、あれだけはやめてほしい」

「風邪と一緒だというのはまったくのウソです。分からないことが多い中でひとつはっきりしているのは、とにかくこのウイルスを甘く見てはいけない」
と警鐘を鳴らされた。
Keisen_20200726010601

世界中で新型コロナウイルス感染症へのワクチン開発が進んでおり、大阪大学発のバイオ企業「アンジェス」が、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を630日からスタートさせている。

順調に進めば9月にも結果が出るということだが、実際に有効なワクチンが国内に普及するのがいつになるか、はっきりはしない。

有効なワクチンが出るまで、とにかく加藤友朗医師の警鐘とおり「ウイルスを甘く見てはいけない」ということに尽きる。

Den_20200726011601

« SNSを通しての依頼とは驚き! | トップページ | 今は2020年ですけど・・・ »

コメント

22日から「GO TO トラベル」が始まったが、この4連休明けのデーターが出るのが怖いですね。
東京都発着の旅行は除外されるが、それでも地方への感染拡散を危惧します。

私の住む市内でも12人の感染者が出ています(7月26日現在)
知らぬ間に徐々に忍び込んでいる感じです。

同じ番組、私も見ました。実に恐ろしく体中寒くなりました。「正しく恐れる」言い回しよいだけで...{恐れる}しかないと感じました。罹患しても抗体に期待できない、ワクチンの効果も定かでないとなると実に恐怖です。他人に嫌われても神経質にならざるをえません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SNSを通しての依頼とは驚き! | トップページ | 今は2020年ですけど・・・ »