2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 植物の知識 | トップページ | 日録 »

2020年6月22日 (月)

勘違い植物名

先日のブログ”植物の知識”で、カキツバタとアジサイの表記について書いた。

牧野富太郎博士の『植物一日一題』では、日常よく見る植物を取り上げて、その名前の違いを指摘しているが、それが山ほどあるわけで読んでいると、いかに間違った名を日常平気で使っているか、思い知らされる。

例えば
・馬鈴薯とジャガイモ
馬鈴薯というものは中国の福建省の一地方に産する一植物の名で、ジャガタライモ(ジャガイモ)は、南アメリカのアンデス地方の原産のもので、そもそも形状が違う。

・百合とユリ
百合とは中国名で、日本でいうユリとは違う植物。

・キャベツと甘藍
キャベツは葉が層々と密に相包んで大きな球になるが、甘藍は球にならず、拡がった葉ばかりの牡丹の花の様子をしている。

「こんな間違った名を日常平気で使っているのはおろかな話で、これこそ日本文化の恥辱でなくてなんであろう。」というのが、牧野博士の弁である。
誤用が慣用化されてしまっているので、今さら・・・と思うが、正しく表記するに越したことはないだろう。

Eiji

B_simple_121_0m_20200622161101 
当分、ブログはのんびり更新します。

夫が80歳まで司法書士をしていたので、昨年亡くなった弟の「不動産所有権移転登記申請」を行うことになり、必要書類集めと、書類作成の手伝いの日々です。
船橋と愛知だから必要書類を集めに手間取っていますが、かなり勉強になります。

先日は、豊田市役所に行ってきた。

Toyota

フリートークに頂いた画像から、 五・七・五のリズムに乗って、今日の一句。

赤焼けの空に立ちたる雀かな

 

« 植物の知識 | トップページ | 日録 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 植物の知識 | トップページ | 日録 »