2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 三河の国の八橋 | トップページ | なぜ東京なのか? »

2020年6月15日 (月)

あやしうこそものぐるほしけれ

焼き物の町、愛知県瀬戸市に「陶祖祭」というのがある。

毎年4月の第3土曜日・日曜日に行われる。

陶祖・藤四郎を偲んでの祭りだそうだが、数年前にそこを訪れた時、既成の素焼きお面に、色つけをさせてもらった。

今、玄関の壁に飾ってあるが、深夜に浮かぶこれら四つの面は、怪しいほどに物ぐる欲しく見える。

闇の中に浮かぶ四つの面は、

私の 生の物語

過去・現在・未来

黒は過ぎ去りし日々

赤は現在

白は未来

いや、未来は赤・・・

じゃ、白は現在なの?

いやいや、現在は黒・・・

眠れぬ夜のとめどもない問答

あやしうこそものぐるほしけれ

Men2
Men4
Men3
Men1

« 三河の国の八橋 | トップページ | なぜ東京なのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三河の国の八橋 | トップページ | なぜ東京なのか? »