2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 朝の犬の散歩 | トップページ | 備忘記 »

2020年5月18日 (月)

朝は俳人

自然はよいかな、早朝は私も俳人、詩人になる(笑)

「亀鳴くや犬もワンワン散歩道」

一応「亀鳴く」の季語を入れてみたが、まあ、自由律ということで笑っちゃってください。


毎朝の犬の散歩は猿渡川の支流である「下り松川」に添って歩く。

この川は亀が越冬しやすい環境にあるらしく、春の訪れを感じるころになると、冬眠から目覚めた亀が川面に顔をあげる。

犬と欄干寄りを歩きながら、その日その日の水の色と囁きを眺めるのが楽しみである。

気温が下がった日にはその数も少ないが、最近は数えきれないほどの亀の軍団が橋の欄干下に寄ってくる。

今朝は道端の草むらに向かって、不意に犬が吠え立った。

見ると、それは石と見まごうような 一匹の亀だった。

甲羅干しでもしているのか・・・浦島さんが背に跨ってはるか竜宮に行ったお伽話があるが、こんな亀が海に入ったら鹹水してしまうだろうに・・・

いやいや、あれはウミガメだった。



 

« 朝の犬の散歩 | トップページ | 備忘記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝の犬の散歩 | トップページ | 備忘記 »