2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« もっとも簡便で効果的な施策があるはずだ | トップページ | 不安な空気のなか『春望』を思い出す »

2020年4月 8日 (水)

予定通りにはいかない日々

愛知は、緊急事態宣言の対象地域には入っていない。

スポーツクラブも、三月上旬に二週間の閉鎖があったものの、3月16日から営業再開で今に至っている。

館内には消毒液が数か所置かれているし、スタッフによる施設内の徹底した消毒清掃や換気が行われているし、マスク着用と、館内では2メートルの距離を取るよう指示されている。

スタジオレッスンは時間短縮され、参加人数も制限されている。

私は家に近いこともあり、ゆっくりのんびり通っているが、ジムの利用者は平常時に比べ3分の1にもならない状態だ。

国内外での新型コロナウイルスの影響が広がって、終息の見通しが立たないとのが大きな不安である。

4月18日に昨年亡くなった身内(千葉県船橋市)の一周忌が予定されていたが、こういう事態で行けなくなったのも残念。

Sonokaiga

きょう八日に出る月は、今年の月でもっとも大きいという。
スーパームーンと呼ばれる満月である。

« もっとも簡便で効果的な施策があるはずだ | トップページ | 不安な空気のなか『春望』を思い出す »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もっとも簡便で効果的な施策があるはずだ | トップページ | 不安な空気のなか『春望』を思い出す »

月齢

今日の天気

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ