2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 土を盛り上げたような塊 | トップページ | Rinascero »

2020年4月24日 (金)

情報から

岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎のため昨日(23日)の早朝に亡くなった。

最近、岡江さんのケースのように自宅で待機中に急変して死亡したという悲惨なケースが目につく。

いずれも、迅速なPCR検査と適切な処置で救えた命ではないか・・・。

それを思うと、「ただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。」という大和田獏さんのコメントが痛いほど分かる。

コロナ以外の患者6%が陽性

慶応大病院が4月中旬、新型コロナウイルス以外で入院予定の患者にPCR検査をしたところ、約6%が陽性となったことが分かった。

これらはの人は、院外や市中で感染したと考えられるとし、地域で感染が広がっている可能性を指摘している。
日本経済新聞より

国は正しい感染者数を出さないが、今や感染経路が不明な人の方が圧倒的に多いということだ。

未配布分のマスクをすべて回収

政府が配布している布マスクに不良品が混入していた問題で、マスク生産を受注していた伊藤忠商事と興和は24日までに、未配布分を全量回収することを決めた。
日本経済新聞より

国民はみんな手作りマスク等で、間に合わせている。

ここはもう思い切って、配給中止にすればよいのに・・・?

 

Shikuramen


コロナ対策の最大の誤りは検査を抑制、妨害してきたことだと思う。

それもこれもオリンピック第一優先で、コロナが日本上陸しても見て見ぬふりをしていた政府と東京都に責任がある。

3月24日に五輪延期が発表になった途端、コロナの怖さや危機感をあおるようになった。

オリンピック最優先のために後手後手になったコロナ対応だ。

未だにPCR検査が増えない・・・。

検査が増えなければ感染者の増加を見逃すことになり、慶応大病院の指摘のように支柱蔓延する。

« 土を盛り上げたような塊 | トップページ | Rinascero »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土を盛り上げたような塊 | トップページ | Rinascero »