2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 行く春や ますくますくで 待ちくたび | トップページ | 土を盛り上げたような塊 »

2020年4月22日 (水)

目からウロコのお金の話

いま220兆円を配らなければいけない理由:大西つねきからの緊急告知

動画です。

コロナ騒動で、世界中が経済的に命を落としかねない状況になっている。

それがなぜなのか、この国が間違い続けている国家経営の本質を探り、それを最小限にとどめるための「れいわ新選組」大西つねきさんからの渾身の動画メッセージである。

今の政治家や官僚とは視点が違う、素晴らしい内容で目からウロコのお金の話。

約2時間20分の長い動画だが、数回に分けてでも是非見て欲しい。

そして、身近な人に拡散して欲しい動画だ。

Yosam20

「国の借金が~」「日本人一人当たり900万円」と騙して、国民に苦しい事を強いる政府。
実はこれ、政府やマスコミの垂れ流す嘘で、国の借金ではなく政府の借金ということだ。

国というのは政府と民間でできているわけで、政府に貸しているのは同じ国の民間だから、国内で見ればプラスマイナスゼロで、実際は「世界一の対外純資産国」というのが日本。

マスコミ操作や嘘のオンパレードで、国民を騙し続ける政府だが、やる事なすこと全て失敗ばかり。

今に至ってもコロナウイルスは絶賛拡大中で、 マスク不足一つをとっても、その無能さ杜撰さは一体どこから来るのか・・・。

目玉の政策と胸を張っていたマスク配給だが、「アベノマスク」と揶揄されている始末だし、実際、サイズは小さいし、シミ汚れの付着や包装の袋に虫が混入していたりで、こんなに評判の悪いマスクに466億円(郵送料込み)もの税金を使うというのは、無駄としか言いようがない。

今の政権は、意味のない監視に莫大な予算を使ったり、とにかく既得権益者の利権ばかり考えている。

A-iri-su

« 行く春や ますくますくで 待ちくたび | トップページ | 土を盛り上げたような塊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行く春や ますくますくで 待ちくたび | トップページ | 土を盛り上げたような塊 »