2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 空中反転作用 | トップページ | フル利用してきた »

2020年3月16日 (月)

春は魔法使い

風交じりの冷たい雨が降ったと思ったら、翌日はぽかぽか陽気。

 一昨日、東京では雪が降ったようだが、靖国神社にあるソメイヨシノの開花が観測されたとのことで、春は魔法使いのようだ。

雨上がりの翌日、湿った黒土の中から、ぎっしりと雑草が芽を出す。

モクレンの花や、コブシの花は一斉に花開き、日の光を一杯に浴びている。

私はモクレンとコブシの花を感性で楽しんでいたが、物理的な違いがよく分からないので検索。
ヒットした中から
気になること、知恵の泉「ハクモクレン(白木蓮)とコブシ(辛夷)の違いとは?」を参考に簡単にまとめてみた。

  ハクモクレン(白木蓮) コブシ(辛夷)
原産地 中国 日本
葉のつき方 花の咲いているときに
葉はない
花が咲いているとき
1枚の葉がついている
花の大きさ 大きい 小さい
花びらの数 9枚 6枚
開花する方向 上向き ランダム
花の咲き方 すぼまり気味に咲く 花弁が全開する

 

Mokuren_20200316005701

↑モクレン(紫木蓮)

Hakumokuren

↑ハクモクレン

Kobusi

↑3枚目のこれは花が小さいし、花の厚みも薄く、花が全開?

コブシと思っていたけど、花びらが6枚以上あるから、どうやら木蓮のようだ・・・?

 

« 空中反転作用 | トップページ | フル利用してきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 空中反転作用 | トップページ | フル利用してきた »