2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 非常な感動を受けたスピーチ | トップページ | 空中反転作用 »

2020年3月14日 (土)

昨日の情報他いろいろ

◆首相の判断で緊急事態宣言を出すことのできる「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」が、昨日の参院本会議で成立、今日(14日)施行。

新型コロナに感染した場合、「命の危険に関わる」などの理由から、国会を一部欠席していた重度障害者である「れいわの新選組」の舩後議員、木村議員は、この日の本会議に出席。
「国会承認が必要」と、しっかり対案を明示したうえで、改正案に反対した。

れいわの二人の議員の命を懸けた反対投票に、長いものに巻かれろ的な野党議員には事の重大さがわからないのか・・・。

◆「アベノミクスはアホノミクス」と警鐘を鳴らし続けてきた、経済学者の同志社大学大学院教授の浜矩子さんが、「AERA」寄稿された巻頭エッセイ「コロナウイルス対策を『世のため』でなく『我がため』にする安倍政権は許されない」が圧巻の切り込みで感服!

以下、リンクより引用一部
 
世のため人のため。これを言い換えれば、我がためではないということだ。我がためにはならないことでも、我がためには反することでも、他者のためならそれを行う。これが世のため人のために徹することが意味するところだ。

新型コロナウイルスの猛威が地球を覆う中、今、政治と行政に求められるのが、世のため人のために徹することだ。徹底的に利他の構えで対応を考え、進むべき方向を決めなければならない。

◆スポーツクラブは閉鎖中だし、金曜日は他の用事もないので庭の草取りを始めたが、草を取っていても気分が変わらないので、日曜日の予定を早めて「福山すすむ展-形象の原点」を観に行った。(刈谷市美術館)

子供のころから習っていた先生の回顧展だから、作風の変化が懐かしい。

◆美術館を出たのがちょうど昼食時だから、久しぶりの外食。

名鉄イン刈谷にある「嘉文」でランチ。

私の好きな「まぐろほほ身唐揚げ」が、なくって残念!
新型コロナの関係で、メニューもいつもより少なくなっているのか・・・。

選べるランチ←8品から2品を注文。
私は、フライ物が好きでいつも揚げ物2種を選ぶ。

味はまずまず。価格もリーゾナブルだ。

Meitetu-in  

« 非常な感動を受けたスピーチ | トップページ | 空中反転作用 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 非常な感動を受けたスピーチ | トップページ | 空中反転作用 »