2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 人々の心をつかむメッセージ | トップページ | 一度だけ雛を見たいと願ったある老女の回想 »

2020年3月 3日 (火)

場当たり的な判断で混乱

昨日の参議院予算委員会を見ていたら、やはり一斉休校要請について安倍首相が「直接、専門家の意見を伺ったものではない」と認めた。

立憲民主党の斎藤参院議員が、「国内で小中高生の感染者は何人なのか」と質問したが、加藤厚労相は答えられず、質疑が中断した。
こんな基本のデーターも持ち合わせていないのは、安倍政権では子どもの感染拡大について関心を寄せていなかったからだ。

やはり一斉休校要請は、安倍首相の「やってる感」と「リーダーシップ」をアピールするためのパフォーマンスだったと言われても仕方ない。
その所為か、瞬く間に全国に不安と混乱の波紋が広がっている。

脳科学者の茂木健一郎さんが「コロナウイルス蔓延のずっと前に、日本で起きていた、低劣文化のパンデミック」として、6つのテーマでツイートしているのが興味深い。

Toyohasi

私の通っているスポーツクラブでは、明日3月3日(火)~3月15日(日)まで全館休館(全サービス休止)となった。
家での一人運動は難しいなぁ~

« 人々の心をつかむメッセージ | トップページ | 一度だけ雛を見たいと願ったある老女の回想 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人々の心をつかむメッセージ | トップページ | 一度だけ雛を見たいと願ったある老女の回想 »