2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 沈丁花の香りが馥郁と立ち込める | トップページ | ああ~本当に溜息が出る »

2020年3月11日 (水)

パニックに陥った一瞬を突き

政府は昨日(10日)の閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大に備え「緊急事態宣言」を可能にする新型コロナ、特措法改正案を閣議決定した。

立憲民主党、国民民主党の執行部が合意し、13日の成立が確実な情勢。

改正法が成立、緊急事態宣言が発令されれば、国民の私権制約の可能性が出てくる。
緊急事態宣言を一旦宣言すると、2年間も国民の行動を制約できる。

選挙も危ないからさせない、承認いらずに安倍さんがずっと首相に座り続けることだってできる。

政府が無策のまま、あえて感染を誘発し、国民の間に見えない不安や恐怖を蔓延させて、国民がパニックに陥った一瞬を突き、国民に都合の悪い法案を次々と通過させていく。

元参議院議員、俳優で俗世のしがらみを断つために在家のまま出家し、僧籍に入った中村敦夫さんが、「『ショック・ドクトリン』を応用し、緊急事態宣言で、国民の発言を封じるつもりか」
表題の記事が日刊ゲンダイDIGITALに掲載されている。

リンク

Gden 

« 沈丁花の香りが馥郁と立ち込める | トップページ | ああ~本当に溜息が出る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈丁花の香りが馥郁と立ち込める | トップページ | ああ~本当に溜息が出る »