2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 一度だけ雛を見たいと願ったある老女の回想 | トップページ | 微かに甘い香りがする »

2020年3月 5日 (木)

春の始まり

3/5(月)啓蟄(けいちつ)
今日は、二十四節気で言うところの啓蟄。

啓蟄とは、冬ごもりしていた虫達が地中から這い出すことを言うわけで、春の始まり。
虫も起きてくる日のわけだが、今朝は風も強く、とても寒く、啓蟄とは名ばかりだ。

こんな日は暖房のきいた部屋でのんびりするに限る。

本の断捨離後、これだけは手放せないと残した本のなかから『脳の中の幽霊』を読んでいた。

笑いのメカニズムについて書かれていた項で、ジョークのことが取り上げられていた。
その部分が好きで、その部分を取り出しては読み直し、一人悦に入っている。

――ある男がカリフォニアのとあるトラックサービスエリアの食堂で昼食をとっていると、突然ジャイアントパンダが入ってきてハンバーガーとフライドポテトとチョコレートシェイクを注文した。
パンダは座って注文の品を食べ、立ち上がると、数人の客の方を見て、ドアから走り去った。
男は仰天したが、ウエイターは平然としている。
「いったいどういうことだ」と男が聞くと「ああ、別に驚くことはありませんよ」とウエイターは答えた。
「辞書で<パンダ>のところを見てご覧なさい」。そこで男が図書館に行き、辞書でパンダを調べると、こう書いてあった。
「大型で白と黒の毛におおわれた動物。中国の多雨林に生息する。若枝や葉を食べる[It eats shoots and leaves.食べて、見て、立ち去るという意味にもとれる]」――(V.S.ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー共著 山下篤子=訳より)

この話がなぜ面白いのか・・・
ジョークやおもしろい挿話は、次のような論理的構成から成り立つているのだそうだ。

聞き手を惑わして間違った予想の方向に誘い、少しずつ緊張を高める。
そして最後に、先の情報を根本的に解釈しなおさざるを得ない予想外のどんでん返しをする。
しかも新しい解釈は、全く予想外であるにも関わらず、もともと予想されていた解釈と同じくらい、事実全体を意味のあるものにする解釈であることが不可欠ということだ。

この論理的構成は理解できるが、要は聞き手がそれを見抜くことが出来なければおもしろくも何でもない話になってしまう。
さて、今これを読んで下さっているあなたは、上に紹介した話にユーモアを感じるか?

こうした笑いのメカニズムを培うと、新しい情報に照らし再解釈する能力が出来てくるということだ。
つまり、発想の能力が出来上がってくる。

なんでもない事象も、斬新な見地から見る創造的な人間になるということだ。
ならばジョークは、今の政治家の保守的な考え方に対する解毒剤になるのではないだろうか(笑)?
作者は、笑いやユーモアは創造性のリハーサルと書いていたが、子供達にこういう教育こそ必要と思う。

Mokuren

« 一度だけ雛を見たいと願ったある老女の回想 | トップページ | 微かに甘い香りがする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一度だけ雛を見たいと願ったある老女の回想 | トップページ | 微かに甘い香りがする »