2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 格の差 | トップページ | 月見草がよく似合ふ »

2020年2月12日 (水)

新型の陰で

中国の新型コロナウイルスは大きな広がりとなり、国境封鎖に乗り出した国も出ている。
CNNによる最新の情報は次のようである。

湖北省での死者は10日時点で計974人に達した。中国本土で少なくとも1011人、香港とフィリピンの各1人を合わせると世界で計1013人が死亡したことになる。

湖北省では同日、新たに2097人の感染が確認され、これまでの患者数は計1万1728人となった。入院した患者は2万5000人以上。2000人余りがすでに回復して退院したが、1298人が重体とされる。

その一方で、アメリカでは新型肺炎よりも問題となっているウイルスがある。
全米で1500万人が感染し、今シーズンだけで8200人以上の死者を出したインフルエンザのウイルスだ。

インフルエンザは今も猛威を振るっており、感染者数はさらに増える見通しのようだ。
新型コロナウイルス の陰で、あまり報道されていないインフルエンザの大流行は見逃せない。

インフルエンザは季節が来れば毎年のように流行するものだし、それなりの薬もあるからと軽視されがちだ。
しかし、実際にはインフルエンザウイルスも常に変異を重ねており、危険なウイルスなのだ。

外務省「海外安全ホームページ

「海外安全ホームページ/スポット情報詳細」『米国におけるインフルエンザの流行』では注意喚起を促している。

Nara2

« 格の差 | トップページ | 月見草がよく似合ふ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 格の差 | トップページ | 月見草がよく似合ふ »

月齢

今日の天気

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ