2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 連携プレー | トップページ | あちら向きたる椿 »

2020年2月28日 (金)

休校要請を出すほど脅威なのか

新型コロナウイルスの感染者が世界各地で広がっている。
感染拡大阻止の対応が曖昧で違和感を感じる。

◆昨日(2/27)の夕方、安倍首相が3月2日から春休みに入るまで、全国の小中学校、高校や特別支援学校を臨時休校にするよう「要請」した。
地域によって事情も違うし、確とした根拠の説明もなく、混乱とリスクが増すケースを想定していない。
学校側も唐突な要請で混乱状態だと思う。
要請はただのお願いだから強制はしていない、ということなのだろうが・・・
社会生活に大きな影響のある対応を、法律に基づかない「要請」で行うというのは、法治国家としてはあり得ない。

英断という意見が多いが、私には「桜問題」隠し、「検察官の定年延長問題」隠しに見えてしまう。

◆スポーツクラブの一部プログラム中止。
私の通っているアクトスでは、明日《2020年2月29日(土)~2020年3月13日(金)》からスタジオレッスンとアクアレッスンが中止になるとのこと。
木曜日の定休日以外は、ほとんど毎日通っていたから、ちょっと一息つかせてくれる。

◆株価の大幅な値下がり
感染の広がりを懸念して、今日の日経株価は一次値下がり幅が1000円を超え、心理的な節目の 22,000 円を割る。
株式市場も新型肺炎に翻弄されている。

Kyoto1

« 連携プレー | トップページ | あちら向きたる椿 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 連携プレー | トップページ | あちら向きたる椿 »