2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 完全に破綻している | トップページ | あまりにも理不尽だ »

2020年2月19日 (水)

どこまで落ちぶれるのか

「政治の浄化は七色の夢である。」 インガソル

「全ての政党は最後にはじぶんじしんの吐いた嘘を呑み下すために死んでしまう。」 ジョン・アーバスナット

(「格言の花束」 堀 英彦編 社会思想社発行)より

政治の浄化など、ただの夢物語だろうか。

毎日新聞の取材で、ANAホテル側は『「営業の秘密」と申し上げた事実はない』と回答、17日の予算委員会で総理が述べた発言を否定した。

「明細書は必ず発行」「宛名空欄はありえず」と言明しても、それは一般論で、個別の案件は営業の秘密であると逃げ切っていた総理だが、これで虚偽答弁がはっきりした。
ANAホテルもよくぞ否定したと思うが、その見識を自民党も正直に受け取るべきだ。

政治家は嘘つきであってはならない。
いや政治家である前に、人は嘘をついてはならない。

『首相側近は「なんで(ANAホテルは)回答を出したんだろう」と困惑し、自民党幹部の一人は「もうANAホテルを使うのはやめよう」。』と言っているようだ。(朝日新聞より)

この期に及んでも、ひたすら総理に媚びへつらうようでは、政治の浄化など有り得ない。
とにかく政権交代しかない。

Ayabe

« 完全に破綻している | トップページ | あまりにも理不尽だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 完全に破綻している | トップページ | あまりにも理不尽だ »