2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 深く考えるのは時間の無駄! | トップページ | 私の中に詰まっているものは »

2020年2月16日 (日)

罪と同様に失策を憎む

余は罪と同様に失策を憎む。分けても政治的失策は特に憎む。それは幾百万の人民を不幸のどん底に吟呻(ぎんしん)せしめるからである。  ゲーテ 
(「格言の花束」 堀 英彦編 社会思想社発行)より

新型コロナウイルス感染者が日本各地で確認され始めた。
それも、中国・湖北省への渡航歴のない人達だ。

政府は「中国人、中国渡航者を止める水際作戦」に力を注いできたが、国内感染を見据えての危機管理が緩々だったので、コロナウィルスがまき散らされ、今後 日本の感染者数が急増することが避けられないだろう。

Sono2

安倍政権がこの7年間やってきたのは、憲法と平和、暮らしと経済、民主主義と人権などあらゆる分野で、史上最悪の暴政の数々だ。

公文書を勝手に改竄したり、隠蔽、破棄する。
だから、野党がいくら追及しても「意味のない質問」だと、倫理観の欠片もない安倍総理の一言。

またかと、あきれるばかりだが、「桜を見る会」では、ジャパンライフに続いて、また別のマルチ商法の48ホールディングス社長も招待されていたことが発覚している。
その時の写真がマルチの勧誘で活躍していたというから、開いた口が塞がらない。

和泉洋人首相補佐官と厚労省の大坪寛子官房審議官の「税金ラブラブ旅行」問題も、公私混同甚だしい。

異例の定年延長問題でも、検察人事まで政治が介入し、法律の解釈変更するなど言語道断。

北村地方創生相の迷走答弁にもあきれるが、「普通の大臣として仕事ができるよう努める」には呆然とした。

ゲーテは、罪と同様に失策を憎むと言っている。
政治的失策は、国民への犯罪に相当するということだ。

国家的な失策を招きながら、政治家は罪をかぶることをしない。
これだけの悪事を犯しておきながら、その責任を国民に転嫁して、自分らは平然としてまだ議員の席に執着しているということを恥ずかしく思わないのか。

Sono1

 

« 深く考えるのは時間の無駄! | トップページ | 私の中に詰まっているものは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 深く考えるのは時間の無駄! | トップページ | 私の中に詰まっているものは »

月齢

今日の天気

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ