2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 休校要請を出すほど脅威なのか | トップページ | 毎日毎日コロナコロナ »

2020年2月29日 (土)

あちら向きたる椿

葉にそむく椿の花やよそ心 (放鳥集) 芭蕉

貞亨元年(41歳頃)頃から死の元禄7年(51歳)までの間。 

 椿の花が咲いているが、その葉っぱは花とは一昨日の方角に向かって開いている。ひょっとするとあの葉っぱは花弁に反旗をひるがえしているのかな?
 コ斎の句「うらめしやあちら向きたる花つばき」という句があって、芭蕉はこの句を放棄したというのだが・・・

(「芭蕉発句全集」 参照)

(注)コ斎とは壺斎のこと。

Tsubaki

国会中継を見ていていつも気になるのが、大臣の‭迷走・珍走答弁だ。
あれは、理に背むくことにより、何ともよそよそしくなり、冷静な感情が保てなくって起こるのではないだろうか。

椿はどうだろうか。
葉に対して勝手によそを向いて咲いている。
花弁は葉っぱに反旗をひるがえしているのかも知れない。
それでも堂々としているではないか。

苦しい立場に立ってしまった時でも、客観的な目で見れば冷静な感情が保たれるはずだ。

« 休校要請を出すほど脅威なのか | トップページ | 毎日毎日コロナコロナ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 休校要請を出すほど脅威なのか | トップページ | 毎日毎日コロナコロナ »

月齢

今日の天気

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ