2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 無病息災というわけにはいかないが | トップページ | 情報から »

2020年1月 8日 (水)

どのような事情があったのか、残念でならない

1/6の中日新聞夕刊記事に元衆院議員の三宅雪子さんの突然の訃報が載っていて驚いている。

東京都内の屋外で数日前、三宅雪子元衆院議員の遺体が見つかっていたことが捜査関係者への取材で分かった。
自殺した可能性もあり、警視庁が経緯を調べている。

三宅さんは「小沢ガールズ」として民主党(当時)で活躍されていた時期があったが、議員を離れてからもSNSを通じて憲法や原発、消費税等について積極的に活動を展開されていた。

元労相の石田博英を母方の祖父に持ち、元外交官の三宅和助を父に持つという血筋ながら「頑張れない人に寛大な世の中」をという、人権についての三宅さんの鋭敏な感性が私は好きだった。

フェイスブックでひょんなことからフォローし、フォローしてもらっていた。
とは言うものの、三宅さんの投稿記事に「イイね」を付け、たまに応援のコメントを付ける程度のことだったが・・・。

昨日、放置状態にしていたフェイスブックを開いてみたら「今日は三宅雪子さんとの友達記念日です。」との画面が飛び出してきた。
放置状態のままだったから、よくよく見れば「2019/11/07」ですね。
慌て者の私の早とちりでした。

それにしても、どのような事情があったのか、まだ真相は不明だが残念でならない。

三宅雪子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

Facebook_20200108004201

« 無病息災というわけにはいかないが | トップページ | 情報から »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無病息災というわけにはいかないが | トップページ | 情報から »