2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 一年の終わりの柚子湯 | トップページ | イブの夜にふさわしい逸話 »

2019年12月23日 (月)

クリスマスの贈り物

大正ロマンを代表する画家・竹久夢二だが、童話の創作もたくさんある。
中でも「クリスマスの贈物」は今の時期にぴったりだ。

サンタさんからのプレゼントを楽しみに待つ二人の子供の対比が面白い。

あまり欲張りすぎて、思うようなプレゼントを受け取ることが出来なかった女の子と、欲しいものを一つに絞ってお願いした男の子との比較で、欲張りすぎると欲しいものはもらえないという教訓めいた作品。
「クリスマスの贈物」は短編物だし、青空文庫で10分もあれば読めるのでお勧めする。

Present

なんらの素質ない私だが、小説教室に通っている頃に書いたクリスマスをテーマにした創作を、昔の自分のホームページにアップしていたので、ここにリンクしておく。

Christmas_20191223132101

« 一年の終わりの柚子湯 | トップページ | イブの夜にふさわしい逸話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一年の終わりの柚子湯 | トップページ | イブの夜にふさわしい逸話 »

月齢

今日の天気

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ