2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 今村昌平映画の続きで | トップページ | ラブにアレゴリー »

2019年10月22日 (火)

スズメのお宿

夕暮れ時に駅前を自転車で通ると、街路樹に群がったスズメ達の鳴き声を聞く。

「チュン、チュン、チュン・・・」一羽では寂しいけれど、薄暮れの空に染み渡る大合唱となると、かなりの迫力がある。その騒々しいこと。

そこはスズメ達の社交場なのか、情報交換の場なのか。
一心不乱に、鳴くことに夢中になっているスズメ達は、お宿に戻らないのだろうか。
それとも駅前の街路樹をお宿にしているのだろうか。

確か、スズメのお宿は竹やぶだったはずだが・・・
おばあさんの洗濯の糊を食べて、糸切りバサミで舌を切られたスズメは、竹やぶをお宿にしていた。

そこには、今でも「大きなつづら」「小さなつづら」があるはずだ。
いつかスズメのお宿を訪ねて「小さなつづら」をもらって来よう。

いや、「大きなつづら」の方が良い。 

Photo_20191022174701

 

« 今村昌平映画の続きで | トップページ | ラブにアレゴリー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今村昌平映画の続きで | トップページ | ラブにアレゴリー »