2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« フラグメント | トップページ | 読書感想『なめとこ山の熊』宮沢賢治 »

2019年10月 4日 (金)

良い時間

昨日は、どんよりとした厚い雲で覆われていたが空が、突然、スコールのような激しい雨に見舞われた。
今日は、昨日の雨で外気が洗われたのか、空気がいっそう澄んで、吸い上げられるような気持になる。

昨日と今日、それぞれ別の雲と別の風、別の太陽があり、季節は巡っている。
それを素直に受け止められるのも、心に余裕ができているのだろう。

昨日は、スポーツクラブの友人と三人で女子会。
と言っても、70代も半ばを過ぎた女三人の飲み会。

食べ物の話、体調の話、おしゃれの話、故郷の話(一人は北海道出身、一人は東京出身、私は愛知)、お互いの連れ合いの話・・・等々。
時間が過ぎるのも忘れ話し込んでいた。
年齢が近いからか、相性が良いからか、本音で話し合え良い時間を過ごした。

年とれば故郷こひしいつくつくぼふし 
(種田山頭火『行乞記』十月十二日 晴、岩川及末吉町行乞より)

Photo_20191004224001

 

« フラグメント | トップページ | 読書感想『なめとこ山の熊』宮沢賢治 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フラグメント | トップページ | 読書感想『なめとこ山の熊』宮沢賢治 »