2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« Pinterest(ピンタレスト) | トップページ | 最後は劇的だけど »

2019年9月27日 (金)

SOSのサイン?

久しぶりにスポーツクラブに行った。
サルサレッスンの日だが、1カ月近く休んでいたので振りが全く分からないからリズムに乗れない。
先生や左右の人の振りを見て、わが振りをなおすのだがワンテンポ遅れてしまう。
おまけに足にしびれが走って、時計ばかり眺めていた。

帰りがけに、甘いものを食べたいという抑えがたい衝動が起き、スポーツクラブの下のスーパーで「お萩」を買って帰った。
普段は甘いものを殆ど買わないが、ここのところの病院通いで疲れが溜まっていたのだろう。
体からのSOSのサイン・・・かも。

ところで、彼岸に付き物の「ぼた餅」と「お萩」について、その呼び名の違いは地方によるものかと思っていたが、春の彼岸は「ぼた餅」、秋の彼岸は「お萩」というのが正しいようで、ちゃんとした根拠があるようだ。

以下は『お菓子な歳時記』(吉田菊次郎著/時事通信社)より

『餅にまぶされた餡が、まるで牡丹を思わせる華やぎを持っているようだ、とのことからの命名されたのです。これとは別に、萩の餅とした上品な呼び方もありますが、縮まって「お萩」の方が通りが良くなっています。これはまぶされた小豆の粒が、咲き乱れる萩の姿に見えるからといいます。』


Sanpo_20190927235001

« Pinterest(ピンタレスト) | トップページ | 最後は劇的だけど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Pinterest(ピンタレスト) | トップページ | 最後は劇的だけど »

月齢

今日の天気

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ