2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 猿もアルコール中毒 | トップページ | リブログ「与勇輝人形芸術の世界」 »

2019年8月31日 (土)

尾畠さんのボランティア活動から

九州北部を襲った豪雨で、長崎県、佐賀県、福岡県ではボランティアセンターが設置されている。
中でも被害の大きかった佐賀県では一般からの参加者が増えているという。
ボランティア活動に参加する場合の服装とか、飲み物、弁当を持参すること等の細かい注意事項も付け加えPRしていた。
組織としてのボランティア機関はあると思うが、それだけでは、とても追いつかない復旧作業のようだ。

数年前、山口県で行方不明の男児を発見し「スーパーボランティア」として注目を集めた尾畠春夫さんも、駆け付けたということで、被災地で汗を流して作業されている姿をテレビで拝見した。

79才という年齢にもかかわらず、テキパキと動かれる尾畠さんの姿は被災された方々に悲惨な現状から這い上がる勇気を与えたことと思う。
尾畠さんは「少しでも、下を向いている方に前向いてもらったり、上に向いてもらって、白い歯をチラッとでも見せてもらえたらいいかなと思って」と話されていた。

他人のために、無償で自ら進んで手を差し伸べるというのは、勇気のいることだと思う。
いついかなる時でも、困っている人があれば飛び出していく尾畠さんのその行動力に、ただただ、頭が下がる。

それに比べ、セコイ政治家のなんと多いことか。
ついこの間(8/28)は、外国人労働者の在留資格取得を巡る「口利き」疑惑が週刊文春で報じられたことを受け、厚生労働政務官 を辞任した自民党の上野宏史衆院議員は、当初、体調不良で雲隠れしていた。
東京都内の人材派遣会社が在留資格を申請した外国人に関し、法務省に問い合わせる見返りに一件あたり2万円の金銭を求めた問題だ。

上野議員は報道を否定したうえで、政策への不信感につながるとして辞任したが、本人のコメント発表のみで、明確な説明もせずに辞任するのは看過できない。
今回の上野議員の件は、マスコミの報道が殆どないのも異常だ。

大臣という政治的影響力を背景に公選法違反の疑いで経産相を辞任した小渕優子衆院議員の件や、UR(独立行政法人都市再生機構)をめぐる口利きワイロ事件で経産相を辞めた甘利明衆院議員など、自民党はいつもこのパターンで逃げ切り、問題をうやむやにしてしまう。

「人の噂も75日」というが、 私は決して忘れてはいません。

本来なら、志を抱く政治家でなければならないが、私腹を肥やす政治屋のなんと多いことか。
政治屋さんに、尾畠春夫さんの爪の垢を煎じて飲んでもらいたい。

Kama

« 猿もアルコール中毒 | トップページ | リブログ「与勇輝人形芸術の世界」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猿もアルコール中毒 | トップページ | リブログ「与勇輝人形芸術の世界」 »

月齢

今日の天気

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ