2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« イルカ | トップページ | 葉っぱのフレディーいのちの旅 »

2019年7月28日 (日)

昨日のこと

昨日の台風6号の実況予報で、「台風6号(ナーリー)は熱帯低気圧に変わりました。」とあった。
「ナーリー」が台風の名前ということはわかるが、名前の由来は何だろうか・・・と、調べてみた。
要約すると
・台風6号の名前は、『ナーリー(Nari)』
・命名した国は、韓国
・意味は、「百合(ゆり)」

台風の名前は世界14か国で作る《台風委員会》がつけてるそうで、その加盟国が考えた140個の名前を発生順に付けていき、140個台風が来て、141個目の台風がきたときは、最初の名前に戻るということ。(「tenki.jp」参照)

では、台風とハリケーンは何がちがうかと言えば、発生場所によって呼び名が違う。
ハリケーンも台風もサイクロンも同じ熱帯低気圧が強くなったもので、同じ仲間。
・ハリケーンは、大西洋と東経180度以東の太平洋のもの
・台風は東経180度以西の北太平洋と南シナ海で発生したもの。
・サイクロンは、インド洋や南半球のオーストラリア近海で発生したもの。(詳しくは「お天気.COM」参照)

昨日は「土用の丑」の日。
この名前にも由来があるが、それはさておき、この日にうなぎを食べると夏バテにならないと言われている。
私はうなぎは苦手だから食べないが、我が夫の大好物。
この日のために、浜松産の冷凍真空パックのかば焼きが届く。
昨夜、うな丼にして食べた夫曰く「これで、また1年長生きできる」
丑の日に「う」がつく物を食べると、これまた夏バテしないというので、私は、もっぱら梅焼酎を呑み、ご飯は梅干と瓜の粕漬の粗食。

Unagi

Unadon

« イルカ | トップページ | 葉っぱのフレディーいのちの旅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イルカ | トップページ | 葉っぱのフレディーいのちの旅 »

月齢

今日の天気

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

日々散語記事検索

無料ブログはココログ