2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« ストロベリームーン | トップページ | 曖昧な記憶 »

2019年6月18日 (火)

一蘭ラーメン

友人に同行させてもらい、名古屋へ久々のショッピング。
お昼は、ユニモール8番出口を出てすぐの「ホテルリソル名古屋」地下にある「一蘭ラーメン」へ。
通りに面した狭い入口から地下に入るわけだが、迷路のような階段を何段も下りていく。前もって知っておかなければ、引きかえってしまいそうだ。

この一蘭は食券制で、入口の自販機で食券を購入。
入口から中に足を踏み入れた途端「幸せ〜!」と聞こえたような気がする。
空耳かな?
最近、聴力が衰え始めたのか、周囲が騒がしいと声が聞き取りにくい。
ありもしない音が聞こえるような錯覚に陥る・・・。

何ということはない、店内の貼り紙に言霊〜ことばのおもてなし〜と題され「いらっしゃいませ」の代わりに「幸せ〜!」、「ありがとうございました」「お気をつけて」などの代わりに「幸せを〜!」という言葉を使っていることが書かれている。
貼られた言霊を撮影するのを忘れたので、トリップアドバイザー提供のものを貼り付けておく。名古屋駅店も同じ。


一蘭 四日市三ツ谷店 (トリップアドバイザー提供)

とにかく席に着くと、そこは投票所のように隣席と間仕切りを作って、ラーメンに集中できる空間になっている。
無論、店員の顔を見ることもない。
味の濃さや麺の硬さなど、好みに応じてオーダー用紙に〇をしてから、卓上の呼び出しボタンを押して注文をする。
仕切りがあることから、気にせずに替え玉等のおかわりもできる。替え玉注文時には、チャルメラの音がなり響き懐かしい。

味は、とにかく豚骨スープがおいしかった。
麺の硬さもちょうどいい。
年と共に、濃い味が苦手になってきているから、オーダー用紙にすべて「基本」に〇をしたのが正解だった。

Men

「一蘭ラーメン」は、かなり歴史のある店で『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、創業が1960年(昭和35年)。
売上高 220億円(2017年12月)
日本経済新聞から引用すると「帝国データバンク福岡支店が5日発表した2017年度の九州・沖縄の外食企業売上高ランキングによると、飲食店「やよい軒」などを展開するプレナスが15年連続で首位となった。豚骨ラーメン店を展開する一蘭が訪日外国人(インバウンド)らを集客し、3位に浮上した。」とある。

初めての「一覧ラーメン」、自分好みのラーメンを注文できるのが嬉しい。
また行ってみたい「一覧ラーメン」だ。

« ストロベリームーン | トップページ | 曖昧な記憶 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ストロベリームーン | トップページ | 曖昧な記憶 »