2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 沖縄全戦没者追悼式 | トップページ | アジサイ »

2019年6月24日 (月)

コーヒーブレーク

今日はちょっとコーヒーブレークのつもりで流言を。

谷崎潤一郎という作家は、三番目の妻である松子夫人(「細雪」のモデルにもなった人)を女王様のように崇め、
終世、彼女の下僕になりきったという。
たとえば、食事のときも彼女を上座に坐らせて、自分は彼女の食事が終わるまで下座に控えていた。
掃除洗濯など一切の家事をやらせず、高尚な芸術を鑑賞する彼女に下僕のように付いて行ったという。
夫人が妊娠したとき、谷崎は堕胎させた。

理由は、夫人が子供を生んで普通の女になるのが耐えられなかったということか・・・
実生活を素材としている谷崎だけに、子供ができたことによって、彼女に平凡な家庭を築かれたら自分の作品も終わりだと思ったのか・・・

Zenzai

« 沖縄全戦没者追悼式 | トップページ | アジサイ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄全戦没者追悼式 | トップページ | アジサイ »