2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 情報から | トップページ | 『恋文』 »

2019年6月 2日 (日)

iPadスタンド

不眠症ではないし、どちらかと言うと眠れて仕方がないタイプで、事実よく寝る。それでも眠れなくって困る時がある。

眠れなくなるような理由を探しても、具体的には見当たらない。
ただ、神経が過敏になっているのか、シーツのシワさえ気になってくる。
起きあがり、シーツの掛けなおし。

ふたたびベッドにもぐりこんで眠りにつこうとするのだが、無理に眠ろうとするから余計に眠れない。
サイドテーブルに手を伸ばし、寝床読書ならぬ寝床iPad。

過敏な神経は、開いたWEBページの疑問箇所で、前に進むことを許さない。
「そういえば、これについての関連があの本に載っているはずだ・・・」と、思いついた途端に起き上がり、本棚を探し回る。
探し当てた本を持ち込み、ベッドに入る。

目の疲れを休めるために明かりを消し、目を閉じてしばしの休息と思いきゃ、今度は喉の渇きで階下へ行って冷茶を一杯。
喉の潤しついでに、心の乾燥を潤そうと加湿器のスイッチオン。

これで眠むるぞ!と、柵を飛び越えるヒツジの数を数えてみる。
「ヒツジが一匹、ヒツジが二匹、ヒツジが三匹・・・」
幾つまで数えたのか記憶にない。
気が付いたのは、「もしもし・・・」という自分の発する声。
夢の中で携帯電話のアンテナが抜け落ちた。

Top 

↑ サイドテーブルの上に100均で買ったスノコを置き、スノコの隙間にiPadを立てかけiPadスタンドにしている。

« 情報から | トップページ | 『恋文』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報から | トップページ | 『恋文』 »