2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 「れいわ新選組」の新候補者 | トップページ | スタミナ切れ »

2019年6月28日 (金)

昨日に続き、新たな公認候補予定者

「れいわ新選組」は、今日28日、新たに公認候補予定者発表した。
重度障害のある木村英子さん(54)だ。
詳しい経歴については「れいわ新選組」のホームページ『選挙』で見られる。

木村さんは車椅子に座った状態で山本代表と並んでの会見。
その様子を見ていて、山本太郎さんの目指す未来と本気度に胸が震え、涙が出た。
木村英子さんの話はとてもわかりやすく、自分の主張を的確に伝えられる人だ。
生後八ヶ月の時に、歩行器ごと転倒以来の障害者生活。
「普段の生活の中に障害者が少なく、健常者との間で心のバリアーが大きい。自分の体をもって障害者政策を少しでも変えたい」と言われたが、当事者感覚がひしひしと伝わってきた。
何はともあれ、会見の模様をでご覧いただきたい。

れいわの擁立候補は代表を含め4人目。
蓮池透さん、やすとみ歩(安富歩)さん、木村英子さんと、異色の3人に出馬を決意させたのは、山本太郎さんの誠実さと意欲あってのこと。
候補者を選挙区と比例区にどう振り分けるか今後決めるとしている。
それにしても、太郎さんの慧眼には敬服。
山本太郎さんとならば、今の腐りきった日本を変えていけるのではないか・・・今度の参院選は、有権者こそが試される。

Sutendo

 

« 「れいわ新選組」の新候補者 | トップページ | スタミナ切れ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「れいわ新選組」の新候補者 | トップページ | スタミナ切れ »