2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 『毛皮を着たヴィーナス』 | トップページ | ペット文学 »

2019年6月15日 (土)

紫陽花

濡れた庭の濡れた紫陽花は風情がある。
昨夜の雨で濡れた今朝の庭に、紫陽花の花弁が色変わりしている。
自己主張の強い花、たとえば百合や薔薇より控えめに咲き、日々ひっそりと色変わりする花、紫陽花。

Ajisaipinku

Gakuajisai_2

額紫陽花の白い花びらが、洗濯したてのようにまぶしい。
花びらの落ちた紫陽花に勘違いされそうだが、額紫陽花は緑色のぎっしり詰まった小花の周りに、別の色をした大きな花びらが、あたかも花の冠のように縁取って咲いている。
それがちょうど額縁を思わせるのだ。

鮮やかな色を、中央からぎっしり詰まらせ咲いている普通の紫陽花の華やかさも良いけれど、額紫陽花の寂しげな風情になんともいえない愛くるしさを感じる。

« 『毛皮を着たヴィーナス』 | トップページ | ペット文学 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『毛皮を着たヴィーナス』 | トップページ | ペット文学 »