2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 「私百年、鶴は千年、亀は万年」 | トップページ | 再びのリブログと報道より »

2019年5月11日 (土)

明日は母の日

5月の第二日曜日、つまり明日5/12(日)は母の日。
デパートではプレゼント商戦が繰り広げられ、フラワーショップにはカーネーションが溢れ、人々の購買心をそそっている。

この母の日の起源は一体どこにあるだろうか・・・最古の母の日は古代ギリシャで始まったという。
母は新しい生命の泉として尊敬され、人々は神々の母リーアに奉納をした。
その後20世紀初頭にアメリカ、ウエスト・バージニア出身の女性アンナ ジャービスの呼びかけによって「母の日」が定められたというが、その由来は何か?
母の日がなぜカーネーションなのか?
年に1度のイベント して、どのように定着したのか?
オーストラリアの知り合いKeithさんから送られてきたメール「Anna Jarvis Mother's Day story」でわかる。
了解を得てそのまま掲載する。

The second Sunday of May is a special day, on this day we pay tribute
to mothers all over the world. We should always look after our mum while we
still have her.
There is more to mother's day than giving her breakfast in bed with
cold tea and burnt toast.

There is even more than giving her flowers and chocolates, what
mothers like most of all is gratitude, respect and love.
Thousands of years ago mothers were honoured as the source of new
life, grateful people gave offerings to the mothers of the Gods.
Mother's day was brought back early last century through the determination of an American lady, who was never to become a mother herself.
Her name was Anna Jarvis, she was a High School teacher and came from West Virginia, she never married, was very religious and deeply devoted to her mother.
It horrified her the way grown up childeren neglected their mothers.

She made it her aim in life to change this and that a day each year be set aside to pay tribute to all mothers, as mother's love is the only love that asks for no return.
Anna Jarvis needed much public support, being unknown and an unmarried High School teacher, she wondered how to go about it.
She started to write many letters to influential people, she wrote to politicians, doctors and many other important people from churches, schools and newspapers.
It became a crusade to the whole country.
It did not take long for the people to take up her idea of mother's day and when very sadly her own mother died in early May 1908, it presented the opportunity to hold mother's day each year on the second Sunday in May.
White carnations had been her mother's favorite flowers.

Now people all over the world give their mothers carnations and chrysanthemums on mother's day.
Anna Jarvis wish had come true, but as so often happens, this pioneer of mother's day was soon forgotten by the people.
She was not in good health, had lost her eyesight and had become very poor, the very few friends she still had paid for her upkeep in a nursing home.
Anna Jarvis died in 1948, she was 84 years old.

She was somewhat disillusioned that mother's day had not become a
religious feast day, as she had hoped it would.

But she lived long enough to know that mother's day was each year
celebrated the world over.

In Australia the first mother's day was held in 1920.

                                   (by Keith)


Keithさんのメールにあるように 彼女、アンナ ジャービスは結婚しなかっので子供を作ることもなかった。
母親をこよなく愛し、高校教師であった彼女は一生独身で通した。
彼女は成長した自分の教え子たちが自分の母親を無視するのに脅威を感じ、こういった傾向を変えるための目標を定めて改革運動を起こした。
悲しいことに、1908年5月のはじめに彼女の母は亡くなった。
このことを期に、彼女は母の死を記念して母のための祭日を設ける運動を全米に広めた。
アンナ ジャービスの亡き母への追悼の気持ちが、毎年5月の第二日曜日を母の日として持つことを提示し、これがいまや全世界で定着しているということだ。
白いカーネーションは、彼女の母の大好きだった花である。
こうしてアンナ ジャービスの願いは実現した。
毎年のことだし、プレゼント商戦ばかりが前面に出て、母の日のこの開拓者の事を忘れてしまっている。
彼女は健康を害し、視覚を失い、少数の友人の友人に支えられながら貧しい生活の中で細々と生きていたが、1948年に84歳でその生涯を終えた。
彼女の最後は傍目には寂しいものとはいえ、彼女の起こした母の日が世界中に広められ、世界中の人たちが母への祝福をしている、ということを彼女自身十分知って長寿を全うしたことになる。

因みに私は、長年息子から母の日プレゼントをもらったことがない。
母の日は、母の常日頃の頑張りを労ってもらえる特別な日だから、忘れらているようで少々寂しい気もするが・・・。
息子家族が元気で毎日を過ごしていられることに喜びを感じている。
見返りを求めない唯一の愛、それこそ母の愛だ、と私は思う。

Kaigasozai

絵画をやっていたころの素材。マスクの目が、なんとも悲しそう。

« 「私百年、鶴は千年、亀は万年」 | トップページ | 再びのリブログと報道より »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私百年、鶴は千年、亀は万年」 | トップページ | 再びのリブログと報道より »