2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 再びのリブログと報道より | トップページ | 縄文女性は酒に強かった »

2019年5月13日 (月)

アクアウォーキング

久しぶりにスポーツクラブへ行った。
今日は「アクアウォーキング」の日。
水の中に入るのもしばらくぶり。
たった30分のレッスンだが、終了後は血液の循環が良くなったのか、むくれていた足もすっきりして体が軽くなった。
・・・まあ、単細胞な私には、すぐに効果が出るようだ。

有酸素運動にもいろいろあるが、無理せず気軽にできるとなると水中運動が良いらしい。
なかでも水中ウォーキングは体への負担が少なく、年配者でも安心して取り組める。
インストラクターから聞いた話だが、「陸上で走ると膝への負担は3倍~5倍程度で、例えば体重を50kgの人の場合、150kg~250kgもの負担が膝にかかる。それが水中では水の抵抗があるため、陸上を歩くよりも負荷がかかり、カロリー消費が高い。また、水の温度は体温よりも低いため、体温を低下させないように体の中で熱を発生させるため、水中で多くのカロリーを消費する。」

日本経済新聞電子版「健康づくり」に水中運動のメリットが載っていたので下記に要約。

水中運動には、3つの水の特長を生かしたメリットがあるという。
1:「浮力」体を楽に動かせる。
2:「水圧」水圧で心拍数や血圧が下がり、心臓に負担がかかりにくい。
3:「抵抗」を利用すれば、運動強度を自分でコントロールでき、陸上よりも運動量がアップする。

良いこと尽くめの水中運動。
何よりも続けることが大切だ。

Kudamono

« 再びのリブログと報道より | トップページ | 縄文女性は酒に強かった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再びのリブログと報道より | トップページ | 縄文女性は酒に強かった »