2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 明日は母の日 | トップページ | アクアウォーキング »

2019年5月12日 (日)

再びのリブログと報道より

15年前の5月に書いたホームページ記事を読んで、夏蜜柑の木に思いを寄せている。
我が家の庭にある夏蜜柑の木は、それはそれは良い果実が実った。
水分が多く、糖分も多かった。
その木が5年ほど前から全く花が咲かなくなり、結果実もつけない。
夏蜜柑の木にも寿命があるのか・・・?
以下、2004年5月1日に書いた「MAY,MAY――5月」をリブログする。

「MAY,MAY――5月です。

暮れから正月にかけて大騒ぎをしたのがついこの間なのに、今はすでに5月。

新緑が目に眩しい。

微風にのって柑橘の清涼な香り漂ってくる。

香りの方向に目をやると、夏蜜柑の木に可憐な白い花がついている。

この白い花が清涼な香りを放っていたのだ。

二十年程前にたった一本だけ植えた夏蜜柑の木が、一昨年から実を付けるようになった。

手入れの行き届かない木だから、どうせ食べられないだろうと思っていたが、これがどうしてどうしてなかなかの代物で、水分十分、糖度十分、適度な酸味で市販されているものに負けない。

今年も、その味を十分満喫した。

果物が芽生えてから実をつけるまでに、たとえば「桃栗三年、柿八年」とは言うが、柑橘類に関しては何年で実をつけるのか。

そう言えば「梅は酸い酸い十三年」とも言う。

さしずめ夏蜜柑は二十年かな・・・我が家に限っては、そういうことにしておこう。

新緑の眩しさ、夏蜜柑の可憐な白い花から漂う清涼な香りが心に映るのも、5月ならではのことだろう。

MAY,MAY――そんな5月を、私は愛したい。

2004年5月1日(土)

Mikan

花が咲かなくなった「夏蜜柑」の木


報道より

安倍首相が「なんばグランド花月」の吉本新喜劇の舞台に飛び入り出演したのが、4月20日(土)。
この時は、6月28日(金曜日)、29日(土曜日)の2日間行われるG20大阪サミットの宣伝のためだとか。
そして一昨日10日夜は、アイドルグループ「TOKIO」のメンバー4人と東京都内のピザ店で会食した・・・とか。
何ともまあ、総理としての威厳と品格が全くない。
安倍首相主催の新宿御苑での「桜を見る会」の時にも思ったのだが、首相は芸能人を取り込むのに躍起になっているように見える。
取り込まれた方の彼らも、安倍さんと近しいと錯覚してしまっているようだ。

以前から、マスコミ上層部やジャーナリストとの会食を頻繁に繰り返し懐柔している安倍首相だが、結果、政権に不都合な事実は隠避して報道せず、政権に都合のいいように偏向報道をする。

TOKIOはアイドルなんだから、マスコミやジャーナリストとは違う、食事くらいでいちいち目くじらを立てるのもどうかとも思うが・・・。
しかし、こういう彼らがワイドショーやニュース番組で司会者を務めており、政治の動きや政界の不祥事なども扱う。
いわば、彼らは安倍政権に取り込まれた故に、政権の宣伝屋になり、意思のない報道関係者と化する。
今後の改憲PRに全面協力したとしても批判されることもなく、当たり前のこととして世論形成に大きな影響力を与える危険性がある。
芸能は庶民のもので、そこに権力との癒着や忖度があってはならない。

Yuzu_2

去年植えた「ゆず」の木は花盛り

« 明日は母の日 | トップページ | アクアウォーキング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は母の日 | トップページ | アクアウォーキング »