2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« Picasa(ピカサ) | トップページ | クリスマスローズ »

2019年3月13日 (水)

春を詠う

盛唐の詩人孟浩然は
「春眠不覚暁  処処聞啼鳥  夜来風雨声 花落知多少」
と詠ったが、春はぐっすり眠れるものだから、夜が明けたのに気づかず寝過ごしてしまう・・・そのとおり春の朝は眠い。
以前は、早朝の小鳥が囀る声をうるっさいなぁ、と夢うつつに思っているうちにまた寝入ってしまった。
6時台に犬の散歩をするようになってからは、そういうわけにもいかない。

そういえば、ここ数年庭に鶯の姿を見ることもないし、鳴く声も聞かない。
環境の変化のせいなのか? 鶯にとっての自然摂理は厳しい!

「鶯の笠落したる椿かな」
芭蕉の春の鶯を主題とした句の一つだが、元禄3年2月6日、伊賀上野の西島百歳亭での作品。
百歳(芭蕉門下生)の家を訪れると「鶯の声が聞こえ、庭には椿の花が咲き競っている。木の下には無数の椿の花が落ちていたにちがいない。この椿の花は、鶯が落とした笠なのであろう。」
古来、 鶯は柳の葉を片糸に撚って梅の花を縫って笠に仕立てるとされている(鶯が、嬉々として、梅の花から花へ飛び移って行く様子をいう)が、梅を椿に置き換えたところ、制約にこだわらない俳諧的滑稽味のある句だ。

Tori_6554

私の場合、名古屋のデパートで利便性が良いのは高島屋。
高島屋(8233)の株主になれば、10%割引の優待カードがゲットできる。
ここは絶対に欲しかった株だが、株主になるには1000株以上購入、最低でも100万円以上が必要だった。
ところが昨年の単元株変更で、取引単位は100株となった。
その高島屋の現在の株価は1500円前後で推移している。
今なら15万円前後で[髙島屋](8233)の株を所有することが可能に。
というわけで、口座開設している証券会社のオンライントレードで「高島屋」株を買っちゃった。(2019/3/11 約定単価1,420円)
株主割り当て基準日が2月末と8月末だから、優待カードが届くのは11月下旬になる。
購入時期がずれている感じだが、CB(転社債)発行で売りが急増、安値の時期だから・・・という素人分析。

« Picasa(ピカサ) | トップページ | クリスマスローズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を詠う:

« Picasa(ピカサ) | トップページ | クリスマスローズ »