2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« ビールと水の話 | トップページ | 月を好んで句材にした芭蕉 »

2019年3月18日 (月)

フラグメント

「フラグメント(断片)は、いわばエキス(素描)である」とは、私が朝日カルチャーセンターの小説教室に通っていたころの先生(文芸評論家:清水信)の言葉である。
一部彩色はあっても、完璧な作品とは言えない。 あくまで下書きである。
たとえ下書きと言われても、捨てるに偲びない。
私がフラグメントをいつまでも引出しに忍ばせているのは、それぞれのエキスに思い入れを感じているからだ。
引き出し一杯のフラグメントは、どれもこれも私にとっては貴重な記録である。
今、引き出し一杯のフラグメントを整理しているが、せいぜいジャンル別に分けて、 じっくり読み直し、おかしな所や悪い所がないかをチェックするだけのこと。
これも写真整理と同様の終活の一環だが、この程度のことでも多くのエネルギーと時間を必要とする。

0120091225             
                 ↑中国旅行写真コラージュ


Tuki3   


 昨夜、月齢10.9で
 とてもくっきりした月が出ていた。

 急いで、iPhoneで撮影してみたが、
 ごらんの通り。
 デジカメも設定が理解できず
 ギブアップ!

« ビールと水の話 | トップページ | 月を好んで句材にした芭蕉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラグメント:

« ビールと水の話 | トップページ | 月を好んで句材にした芭蕉 »