2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 雨の朝思うこと | トップページ | Picasa(ピカサ) »

2019年3月11日 (月)

東北大震災から8年目

今日は東北大震災から8年目を迎えた。
甥の家族が気仙沼の唐桑で震災に遭遇しているから、今日までの推移に感慨深いものがある。
今日の被災地は荒れ天候のようだが、早朝から人々が海辺や高台を訪れ追悼の祈りをささげる様子がテレビに映し出されていた。
テレビでは被害や復興という視点からの報道が多いが、根本の問題を取り上げてはいない。根本の問題とは、フクイチ(東京電力福島第一原子力発電所)の現状(放射能の正確な被害)と、これからどうなっていくかということだ。
小児甲状腺がんは、少なくとも273人が疑いがあるとの報告がある。
政府の見解は「福島県で小児甲状腺癌がたくさん見つかったのはスクリーニング効果…つまり福島県の子供たち全員を対象に検査したことによって、潜在的な甲状腺がん患者がたくさん見つかったからだ。だから小児甲状腺がんは増えていない」
と、そう言って闇に葬る
メディアは闇を追求する義務があるのに、メディアコントロールを徹底的に意識している安倍政権の圧力で、
取材することを禁じられているのか?
空気を読んで自主規制しているのか?

いずれにしても、震災の記憶を風化させないためにも、追悼のこの日を震災を見つめ直すきっかけにしたい。
下記サイトは、2011年4月23日と24日にかけて、被災した甥のところに、お見舞いを兼ねた応援に行った。
そのときに撮影した震災当時の唐桑町宿浦の様子。(サイズを小さくし過ぎた)
http://mifue.cocolog-nifty.com/photos/kisenuma/img_3320.html

(mixiIのフォトサイトにアップしたもの)
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000017771631&owner_id=8837484

https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000017777392&owner_id=8837484

Photo_4↑ああ~mixiフォットはmixiにログインしないと見れない!

物資が送れるような状態になったとき、一番喜ばれたのがタバコとラジカセ、電池(電気商&電気工事店なのに)

« 雨の朝思うこと | トップページ | Picasa(ピカサ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北大震災から8年目:

« 雨の朝思うこと | トップページ | Picasa(ピカサ) »