2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 椿の花 | トップページ | チョコレート »

2019年2月14日 (木)

昨日の見たり聞いたり

昨夜、たまたま見たテレビ「林修のニッポンドリル」で、
紫式部が「源氏物語」を書いた部屋があるという滋賀県石山寺を紹介していた。

石山寺の本尊如意輪観音半跏像は秘仏であり、33年に1度の周期で御開帳。
先回は2016年だったから、次の御開扉は2049年?
それまで、とても生きておられないと思いきゃ、天皇即位の翌年も公開されるとのこと。
したがって来年の御開帳になる。(↓画像をクリック拡大。撮影は2010年8月)

Murasaki_2

言い間違いや、失言答弁で注目を集めている桜田義孝オリンピック担当大臣が、またの失言で袋叩きになっている。

競泳の池江璃花子選手の白血病の告白に対して、
「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい。1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」
とコメントしたものだから、昨日の予算委員会でも立憲民主党の寺田学議員や、国民民主党の階猛に質問攻めに遭っていた。
youtubeチェック
この大臣、サイバーセキュリティ担当相も兼務していて、「PCは使ったことがない」「USBってなんですか?」と発言し大失笑を買った。
政治家がよく使う本音と建前をうまく使いこなすことができない人なのだ。
彼は決して人が悪いのではなく、正直で本音でしか生きられない不器用な人なのでしょう。
本音でしか生きられない人は、時として不愉快な自分を曝け出してしまう。
スキルも低いし、政治家には不向きかも・・・。

物は言いよう、聞きよう。
話し方次第で相手に不快な思いをさせてしまうことがあるし、
聞く側にしても、聞き方次第で良くも悪くもなる。
要は言う側にも聞く側にも、いかに相手を思いやる心があるかだと思う。
人の痛みがわかるなら、嘘をつくことも必要なのだ。
嘘はある意味自己防衛のためのずるい手段で、世渡りのひとつと言える。

そうは言っても、私は本音で生きている人の方に好感を抱く。

« 椿の花 | トップページ | チョコレート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の見たり聞いたり:

« 椿の花 | トップページ | チョコレート »