2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 再びスーパームーン | トップページ | 日付が変わる前の睡魔 »

2019年2月19日 (火)

直観像素質

最近、のどが渇いたとき、ビールよりも缶酎ハイを好んで飲むようになった。
それも朝日ビールの「もぎたて缶酎ハイ」。
新鮮ぶどうも良いが、柑橘系のさわやかな味のする新鮮レモンが良い。

これを飲んでいると、レモンは漢字でどう書くのか・・・?
いつも思うことだが、檸檬は読めても書けない漢字の一つ。

檸檬が書けなくても、梶井基次郎の『檸檬』の中の主人公の青年が、
丸善の美術畫集の上に檸檬を置いたくだりが妙に頭の中に刻み込まれている。

次のように想像する部分だ。
「丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆弾を仕掛けて来た奇怪な悪漢が私で、もう十分後にはあの丸善が美術の棚を中心として大爆発をするのだったらどんなに面白いだろう。」

ときに頭の中にすーと入ってきたことがらが、
数年経っても正確に思い出されることがある。
言われたことをどれだけキチンと覚えていられるか、
記憶力に自信はないものの、少し異なる性質の記憶が自分の中に存在するのは確かだ。

(画像は、使わなくなった餅つき用石臼に水を貼り花びらを浮かせる。2007年撮影)

Dentuba

« 再びスーパームーン | トップページ | 日付が変わる前の睡魔 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直観像素質:

« 再びスーパームーン | トップページ | 日付が変わる前の睡魔 »