2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 小ざっぱりと | トップページ | 下弦の月を待つ »

2019年2月26日 (火)

程よい酸味と上品な甘み

Bunntan
ダンボール箱一杯の土佐文旦が届いた。
1個の大きさが400グラム近くあり、外皮が厚く、果肉を包む薄皮の白い綿状の部分も厚いので剥ぐのが大変。
それもこれも、添付されている説明書通りに剥けば難はない。
程よい酸味と上品な甘みがなんとも言えない。これは病み付きになってしまう。
ビタミンCが100gあたり45mgと豊富で、文旦を半分食べれば、成人の1日のビタミンC推奨量(100mg)が満たされるとか。
外皮に含まれるオーラプテンには、脂質代謝の改善や発がん抑制作用があるということで、良いこと尽くめ文旦。

外皮はマーマレードにでもする予定。

Tabekat_3

さて、今からスタジオレッスンヨガに行ってきます。

« 小ざっぱりと | トップページ | 下弦の月を待つ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 程よい酸味と上品な甘み:

« 小ざっぱりと | トップページ | 下弦の月を待つ »