2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« 月齢表 | トップページ | みたび月齢 »

2019年1月31日 (木)

月齢について再び

昨日の続きで月齢について。
月齢とは朔(新月)からの経過日数のことで
「太陽・月・地球の順で一直線に並んだときは、月の輝いた面は地球側からはまったく見えず、新月となる。逆に、地球をはさんで月が太陽の反対側にきたときが満月だ。半月――上弦・下弦は、月が地球の真横に並んだとき。」(「『満月の魔力』の謎」(黒木光月著/二見書房)
つまり、月の周期の呼称は地球から見える形により
・新月(朔)
・三日月
・上弦
・満月(望)
・下弦
と、少しずつ形を変えながら、約29.5日でもとの姿に戻るわけだ。
新月は、月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29.5日に一度あたらしく月が生まれる日。
満月は、地球が月と太陽の間に入って両方から引っ張られる状態。
満月・新月時に出産が多いのも、その引力が引き金になるかららしい。

月の引力は新月と満月時に強まり、上弦・下弦時には弱まるようで、
この月のサイクルを上手く利用していくことでツキを呼ぶ・・・とか。

             2月の朔弦望表 

                               
 

朔弦望

 
 

名称

 
 

 
 

時:分

 
 

(新月)

 
 

5

 
 

604

 
 

上弦

 
 

13

 
 

726

 
 

(満月)

 
 

20

 
 

054

 
 

下弦

 
 

26

 
 

2028

 

      こよみのページ (http://koyomi8.com/)参考   

 

 

                               

 

 

                               

 

« 月齢表 | トップページ | みたび月齢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月齢について再び:

« 月齢表 | トップページ | みたび月齢 »