« 本になったポチ | トップページ

2008年1月15日 (火)

モナリザ、新たな事実

あえかなる面差しに微かな笑みをたたえた美しい女の半身肖像は、誰もが見慣れている。言うまでもない、レオナルド・ダ・ビンチの「モナリザ」だ。
このモデルが誰なのか、さまざま説があるが、ドイツのハイデルベルク大学図書館が人物の特定に繋ぐ新たな事実を発表した。
『同図書館によると、蔵書を整理中、1477年に印刷された書物の余白にダビンチに関する手書きの記述があるのを職員が発見。フィレンツェの役人が書き付けたもので、そこにはダビンチがフィレンツェの商人の妻、リザ・デル・ジョコンド(リザ・ゲラルディーニとしても知られる)の肖像画を制作中だ、と記されていた。
 手書きの記述には「1503年10月」の日付が記されており、ダビンチのモナリザ制作時期と重なる。同図書館は「今回の発見はモナリザのモデルを特定する重要な証拠となった」としている。』
(朝日新聞)

夏目漱石「永日小品」のなかに、この名画をテーマにした作品『モナリサ』がある。古道具屋を覗くのが趣味の男が、あるときガラス額縁入りの西洋の画を買い、家に持ち帰り欄間に飾った。絵の中の半身の女性の顔を見た妻は「気味の悪い顔」「この女は何をするか分らない人相だ」と言う。案の定、欄間の上から突然落ちてガラスが壊れ、なんとも縁起の悪い画として取り扱われている。額の裏に入っていたメモには「モナリサの唇には女性(にょしょう)の謎(なぞ)がある。原始以降この謎を描き得たものはダ ヴィンチだけである。この謎を解き得たものは一人もない。」とあることから、これはモナリザの複製画だろう。
触らぬ神に祟りなしとばかりに「縁喜(えんぎ)の悪い画を、五銭で屑屋(くずや)に売り払った」という話。
人の眼はいろいろで、名画といえども予備知識を持たなければこんなものかも知れない。

|

« 本になったポチ | トップページ

コメント

>緋煌夜叉
一呼吸している間に、長い時が流れ去ってしまいました。
時は流れても、心のこもった言葉は今も私の記憶の中に生き続けています。

>オクターブの更新がされることを楽しみにしております。

放置状態で誰も見てくれないHPに、これほどまでの言葉をかけられると、
感受性を開きっぱなしの私は、強く心を揺さぶられました。
いまだにエターナルガールを物語っていいものだろうか・・・
と感じつつも、のせられてしまい、ホロリとしています。

投稿: hituji | 2010年11月12日 (金) 23時35分

絵は良いですね。
知らない美しい土地を訪れた時に感じる、ノスタルジーやサウタージのような感情を与えてくれます。
自分の求める歌や絵の為に全国を行脚した人たちも目の前の空間に幾つもの物語を創り形にしたのでしょう。
hitujiさんも色々なものから沢山のエネルギーをもらって止まっているオクターブの更新がされることを楽しみにしております。
モナリザの謎は永遠に謎のままかもしれませんが、
私が誰なのか… それは、謎のままにならぬように。

投稿: 緋煌夜叉 | 2010年11月12日 (金) 06時36分

>ゆーきさん
モナリザの人物特定で、長年の謎が解明され
それはそれで意義あることでしょうが
一方で、人々のこの絵に対する興味も薄れるのかもね。
まあ、ミステリーな部分にひかれ易いのが人の常ですから・・・

ダヴィンチの顔にモナリザを重ねるそっくりですよね。

投稿: hituji | 2008年1月22日 (火) 20時41分

お久しぶりでーす。

私は、モナリザはダヴィンチがモデル…っていう説が好き(さらにダヴィンチが女装大好きっていう説も好き)なので、モナリザは誰か分からないままがいいなぁ。
色々妄想できていいなぁ。
謎のまんまでいいのになぁ。

投稿: ゆーき | 2008年1月21日 (月) 21時05分

>益樹さま
何事も予備知識や固定観念が邪魔することってありますね。
留学経験のある漱石にとっては
無論、モナリザは知識の中にあったでしょうし
口元の微笑の謎が、人々の注目の的であったことに
小説のテーマとして目を向けたんでしょうね。
モチーフとしては最高ですね。
さすがに漱石ならではの技です。

投稿: hituji | 2008年1月17日 (木) 21時04分

人は、得体の知れないもの、自分の理解の範疇を超えるものに対して、どうしても拒否反応を示してしまいますね。そしてそれが、世の中で一番理解できない女性の微笑となると、いよいよ気味悪くなるのかも知れません。予備知識があれば、不思議な微笑みも貴重なものと認識するのでしょうが、いきなり見ると漱石の小説の通りとなるのでしょう。
今回の発見で、長年謎とされてきたモナリザのモデルが特定されることになれば、これは凄い事だと思いますが、また一つ世界の謎が消えてゆく寂しさもあります。

投稿: 益樹 | 2008年1月17日 (木) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/17707931

この記事へのトラックバック一覧です: モナリザ、新たな事実:

» モナリザのモデル [たなぼた]
モナリザといえば言うまでもなくレオナルド・ダ・ヴィンチの名作。 ルーヴル美術館に [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 15時12分

« 本になったポチ | トップページ