無料ブログはココログ

乱読

日々散語記事検索

マイウェブサイト

  • 散語抄
    @homepageから@niftyホームページサービス(LaCoocan:ラクーカン)への移行したために、各ページのリンクが切れているとこあり。 徐々に修正していくつもり。
  • 日々散語TOP
  • オクターブ
    10年以上も放置していたので、フロントページの使い方忘れてしまった。

« スリッパ | トップページ | 本になったポチ »

2007年10月12日 (金)

くず餅

おいしいもののことならこの人

Img_9608_2 Kuzu_3

彼女おすすめの亀戸天神は船橋屋のくず餅。
近辺に取扱店がないか検索したが
名古屋のデパートにも置いてない。
ないとなると無性に食べたくなるのが口いやしい私。
早速NET注文、送料もバカにならないから実家の分も入れ3箱注文。

そのくず餅が今日届いた。
取りあえずは実家に2箱を持って行き
帰ってから、早速試食。
くず餅に、黒糖蜜と香ばしいきな粉を絡ませると
これはもう絶妙なバランスの和風スイーツだ。

くず餅と言えば葛粉から出来ていると思い込んでいたら
船橋屋のものは上質の小麦でんぷんを発酵させたものだという。
関西の葛餅、あれは吉野葛で有名な葛粉を使っているはず。
NETで調べてみたら、くず餅も2種類あるということだ。
関東の方は舟橋屋にみるように、小麦でんぷんで出来たものが主流。
そう言えば、表記も漢字とひらがなの違いがある。
それぞれ素材の持ち味があって、あとは好み如何による。

« スリッパ | トップページ | 本になったポチ »

コメント

>はあみさん
おめでとうございます。
コメントに気づかずに、年を越してしまいました。
今年もよろしくね♪

hitujiさん ご無沙汰しております
お元気ですか?
良いお年を お迎えください

来年も よろしくお願いいたします

>ゆーきさん
食べましたよ。
とってもおいしかった。

名古屋名物に「ういろ」というのがあるのだけど,
ちょっと似ているような・・・。
でも、ういろの原料は米粉です。
原料の違いか、船橋屋の「くず餅」の方は適度にしまったモッチリ感が歯ごたえがあっていいです。
それに、なんと言っても黄粉と黒蜜を絡ませていただく、あのバランスが好いのです。
これはもう、送料がかかっても取り寄せしたいです。
それにお店の姿勢がいいですね。
店長(女性の方)から、ご丁寧なメールを二度頂きました。


とうとう食べちゃいましたね。
くす。
おいしかったでしょ?

関東のくず餅と、関西のくず餅が違うなんて…知らなかった。
関西のくず餅は、あの濁った色じゃないとか?

調べてみようと思って、吉野庵という店のHPをチラッと見たら
『吉野庵のくず湯は、簡単にくずもちになります。
 くず湯を冷ましてから冷蔵庫に入れるだけで
 美味しいくずもちの完成です。
 お好みにより、きな粉をつけてお召上がり下さい。』
って書いてありました。

ええ?
関西のくず餅は、あのくず湯のような色なの?
あれを冷まして固めたモノがくず餅なの?

うーん、やっぱり船橋屋のくず餅が好きだ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/16740871

この記事へのトラックバック一覧です: くず餅:

« スリッパ | トップページ | 本になったポチ »