2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« パソコンを離れて | トップページ | スリッパ »

2007年10月 2日 (火)

ウォーキング

  昨日のこと。
健康のために、安城市にあるデンパーク内をウォーキングした。
万歩計を携帯して、目標は7000歩。
犬の散歩ではせいぜい3000歩がいいところだから、その倍以上を目指したわけだ。
メインゲートからは遠い水生植物の群生する沼の方まで足を伸ばし、ほぼ園内を一周した。夏の花が終わって、今は植え替え時期なのか作業姿の人たちが忙しそうにしていた。

Hasu途中、淡墨桜の池になんとも迫力のある姿で浮いているものを見つけた。
以前、別府の海地獄の植物園でも見たことのあるオオオニバスだ。
お盆のような形をした大きな葉っぱ、直径1.5mくらいはある。
デンパークでは「パラグアイオオオニバス」となっていたが、元々はブラジルのアマゾン川流域に生息するスイレン科の植物。
ここでも見事に雄姿を現していた。
Ooonibasu 浮力が大きいということで、子供なら十分乗れるという。デンパークでも、毎夏には体重20キロまでの子供の試乗会があるとのこと。確かに目の前にした葉っぱは大きい。
とは言っても、立ち上がっている葉の縁はそれほど分厚いものではない。
子供が乗ったら破れてしまうのでは・・・。
そんな心配をしながら万歩計を見ると5900をちょっと切れている。
これ以上は無理というもので、7000歩は私にはきつい。

« パソコンを離れて | トップページ | スリッパ »

コメント

>ゆーきさん
「てくてくエンジェル」について、私は全く知らなかったので検索しました。
すごいヒットです。
これは楽しみながら歩けるというものですね。
欲しくなっちゃった。
目標歩数は、自分で設定しておけばいいのかしら?

お母さん、お元気そうで何よりです。

うちのママンは最近転職しました(ってもパートだけどね)。
で、前の職場の友達に送別会をしてもらって、そこで『てくてくエンジェル』というやつをもらってきました。
これ、たまごっちと歩数計が一緒になったようなもので、その日の目標歩数を歩かないと、画面にうつった生き物がデブになっていく…という、末恐ろしいおもちゃです。

それ以来、ママンはやたらめったら歩くようになりました。
元から歩くのが好きだったせいもありますが。
家から一時間半かけて歩いて美術館に行ったりして。

私の方が負けそうです…。

>益樹さん
オオニバスを実際目の当たりにすると、あの上に子供を乗せるのは、かなり怖い感じがしますね。
重心が保てなくって、ひっくり返えるのでは・・・。

ウォーキングは計画倒れにならないよう、徐々にがいいですね。
何事も続けることが肝心でしょう。
1日7000歩目標というのは、テレビで得た知識です。
私には到底無理のようです。
犬の散歩の3000歩がせいぜいといったところ。

このオオオニバスのことは、前にテレビで見ました。仰るとおりアマゾン川で繁殖している映像でした。確かに子供たちが乗っていた映像だったと記憶しています。破れずに大丈夫でしたが、子供たちの表情は怖々だったと思います。
目標の数値に届かなくても、歩こうとされる意思は素晴らしいと思います。そこで無理されて目標を達成しても、それで終わって続かなくなることがままあります。休み休みでも継続が一番!私自身にも言い聞かせています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキング:

« パソコンを離れて | トップページ | スリッパ »