« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年10月12日 (金)

くず餅

おいしいもののことならこの人

Img_9608_2 Kuzu_3

彼女おすすめの亀戸天神は船橋屋のくず餅。
近辺に取扱店がないか検索したが
名古屋のデパートにも置いてない。
ないとなると無性に食べたくなるのが口いやしい私。
早速NET注文、送料もバカにならないから実家の分も入れ3箱注文。

そのくず餅が今日届いた。
取りあえずは実家に2箱を持って行き
帰ってから、早速試食。
くず餅に、黒糖蜜と香ばしいきな粉を絡ませると
これはもう絶妙なバランスの和風スイーツだ。

くず餅と言えば葛粉から出来ていると思い込んでいたら
船橋屋のものは上質の小麦でんぷんを発酵させたものだという。
関西の葛餅、あれは吉野葛で有名な葛粉を使っているはず。
NETで調べてみたら、くず餅も2種類あるということだ。
関東の方は舟橋屋にみるように、小麦でんぷんで出来たものが主流。
そう言えば、表記も漢字とひらがなの違いがある。
それぞれ素材の持ち味があって、あとは好み如何による。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

スリッパ

五本指の靴下が健康に良いということで
おしゃれな5本指靴下が出回っているようだ。
指の間に隙間があることによって、指に力が入り下半身に踏ん張りが出来
上半身の疲れ具合が少なくなるらしい。

Zouri_3 靴下ではないが、5本の指を出したまま履けるスリッパ(布草履)を貰った。
これがかなり快適。第一に指をさらけ出しだから換気が良いのでムレない。
素材が古布で、編目のデコボコが足裏への適度な刺激になり血行が良くなる。

外へでれば靴で足を締めつけているから、せめて家にいる間だけでも
素足に布草履で過ごすのも良いのでは・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

オークション

ときどきオークションを楽しんでいる。
売り手ではなく、買う一方。
オークションは激安物や掘り出し物がある代わりに、専門店でのオンラインショッピングと違って不安も伴うから、大抵は家族で外食する金額の範囲内での落札になる。

Take 先日、油彩画2点を落札、ゲットした。これはかなりの掘り出し物。掘り出し物と言っては失礼だが、独立美術協会会員の竹内晟さんの作品。今は九州に引き篭れて、福岡の朝日カルチャーセンターで絵を教えてみえるが、洋画の世界では一流の先生だ。実は、この私が絵(主に石膏デッサン)を習っていた先生でもある。今でも親交があり、福岡での先生の個展に出かけることもあるが、作品の価格は、私には手の出ないものばかりだった。

Take2今回、私がオークションで手に入れた作品は、先生の初期作品のように伺える。
絵裏のサインも、紛れもない先生の直筆。
どなたかが購入されたたものの、何らかの事情で古物業者に持ち込まれたらしい。

さて、お気づきかもしれませんが、ブログパーツを増やしました。視力検査、ポッドキャスト、災害鉄道情報など。
どうぞお楽しみください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

ウォーキング

  昨日のこと。
健康のために、安城市にあるデンパーク内をウォーキングした。
万歩計を携帯して、目標は7000歩。
犬の散歩ではせいぜい3000歩がいいところだから、その倍以上を目指したわけだ。
メインゲートからは遠い水生植物の群生する沼の方まで足を伸ばし、ほぼ園内を一周した。夏の花が終わって、今は植え替え時期なのか作業姿の人たちが忙しそうにしていた。

Hasu途中、淡墨桜の池になんとも迫力のある姿で浮いているものを見つけた。
以前、別府の海地獄の植物園でも見たことのあるオオオニバスだ。
お盆のような形をした大きな葉っぱ、直径1.5mくらいはある。
デンパークでは「パラグアイオオオニバス」となっていたが、元々はブラジルのアマゾン川流域に生息するスイレン科の植物。
ここでも見事に雄姿を現していた。
Ooonibasu 浮力が大きいということで、子供なら十分乗れるという。デンパークでも、毎夏には体重20キロまでの子供の試乗会があるとのこと。確かに目の前にした葉っぱは大きい。
とは言っても、立ち上がっている葉の縁はそれほど分厚いものではない。
子供が乗ったら破れてしまうのでは・・・。
そんな心配をしながら万歩計を見ると5900をちょっと切れている。
これ以上は無理というもので、7000歩は私にはきつい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »