2011年4月23日24日の気仙沼

  • Img_3342_1
    気仙沼市唐桑町にの甥一家が東日本大震災で津波の被害に遭遇。お見舞いに駆け付けた時の撮影。

乱読

« ゆりの香りが部屋中に | トップページ | 鳴り響く太鼓の音と若者の歓声 »

2007年7月19日 (木)

福田平八郎展

Hilyousi_5 松坂屋美術館で催されている『福田平八郎展』に行ってきた。
福田平八郎といえば、まず鯉の絵が浮かぶ。
カレンダーや絵葉書で観るあまりにも実物そっくりの鯉だ。
日本画よりも洋画、具象よりも抽象を好む私には
果たしてどうかな・・・・
という思いだったが、株主優待でショッピングついでの鑑賞。

実物の絵を観ると、いわゆる日本画といわれるものとは違う感じで、どうやら私の見識不足だったようだ。

« ゆりの香りが部屋中に | トップページ | 鳴り響く太鼓の音と若者の歓声 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田平八郎展:

« ゆりの香りが部屋中に | トップページ | 鳴り響く太鼓の音と若者の歓声 »