« 心で見なくちゃ | トップページ | 時間の浪費・・・? »

2007年4月10日 (火)

春陽気の威嚇

風もなく暖かい春陽気な日、飼い犬のコロをつれて狂犬病の予防接種へ。集合注射場所は近いものの、限られた時間に一度に犬たちが集まるから、周辺は犬の鳴き声が響き渡った。
普段は他の犬に対してほとんど吠えることをしないコロも、さすがに今日は威嚇するように吠えていた。これも警戒心から来る防衛本能の現われだろう。

画像は、今日のコロと近所の桜。
Korosiba

Sakura_1 

|

« 心で見なくちゃ | トップページ | 時間の浪費・・・? »

コメント

>益樹さん
犬も核家族化の影響が出ていますよね。
本来の習性から離れ、家族の一員という感覚で大切に育てれているわけだから、飼い主に対する精神的依存度も高くなるわけです。

我が家のコロ、最近は人の出入りでかなり吠えるようになっています。
私たち夫婦が長時間家を空けて帰宅した時には、決して吠えません。シッポをふりふり、ベランダから愛嬌を振りまいて迎えてくれますが、これが隣の人が回覧板を持ってくるだけでも、大騒ぎして吠えるんです。
家族以外は敵と思っているんでしょうか・・・。

投稿: hituji | 2007年4月15日 (日) 10時07分

犬同士で集まる場合は、そんなに吠えないようですが、飼い主が一緒にいると、みんな気が大きくなって吠えるみたいです。後ろ盾がそばにいて気が強くなるのでしょうね。
年に一度の予防接種ですが、こんな機会でもないと、たくさんの犬が集まることもないですね。野生時代には群れで暮らしていた犬も核家族化していて、自分は人間だと勘違いしている犬もいるようです。

投稿: 益樹 | 2007年4月14日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/14639737

この記事へのトラックバック一覧です: 春陽気の威嚇:

« 心で見なくちゃ | トップページ | 時間の浪費・・・? »