« あと15年でした | トップページ | 説明のない想像の世界 »

2007年3月19日 (月)

「両洋の眼展」

「両洋の眼展」に行ってきた。両洋とは東洋、西洋を併せ持つ意味があるわけで、日本画、洋画の枠を越えた新進作家の作品展。今回で18回目。新進気鋭といわれるだけあって、斬新な作品も多い。一つ残念なことは、以前にも書いたが、盗作ではないかと話題になった和田義彦さんの出品がなかったことだ。2005年の「両洋の眼展」では河北倫明賞を受賞されているし、本来ならVIP待遇の出品であるはず。

以下、私の独断と偏見の素人感想です。

・山口啓介さんの「世界模型 さようなら冥王星」は、タイムリーな話題を素材にしていた。しかし、どう首を傾げても、私にはイマジネーションが湧いてこなかった。

・住所不定、国籍不明、写真にも写りにくいステルス野郎を描いたという渡辺恂三さんの「四角四面と三角野郎」は、写実的な作品に左右を囲まれていたせいか、強烈な印象を受けた。レモンイエロー調の濃淡とグレイの線だけの単調なものだが、無駄のない空間に制作までのプロセスが十分に伺える。

・「男と女と」と題する栗原一郎さんの作品は、男女の裸体を立ったままで絡ませたもの。男性の体にしがみつく女性だが、男性の下半身は描かれていない。これは省略することによって、明確なイメージを浮かび上がらせているのだろうか、あるいは空間とのバランスなのか・・・。線が中心の白黒の濃淡の作品で木炭デッサンを思わせるが、もちろん油彩だ。いずれにしても直感的なイメージはリアルで、二人の男女の息吹が伝わってくる。

昔、私は石膏デッサンを習っていたが、目の前にある石膏を精巧に描いたとしても、どうにもやりきれなくなることが多かった。あれは美大受験のための石膏デッサンだったし、自分の創造のイメージが自由に表現できなかったことにあるのだろう。今なら、対象にとらわれず、細部にこだわることなく、自由に創造の翼を広げられる。もう一度、絵をやってみようかな・・・。なんって、気の多いことを考えてしまっている。


Img_7975 展覧会のついでに、いま名古屋で話題のミッドランドスクエアに寄った。1階はブランドのストリート。2階のファッションフロアに行っても高級品ばかりで、私には縁遠いエリアだ。果たして名古屋に馴染むのかな?

|

« あと15年でした | トップページ | 説明のない想像の世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/14314456

この記事へのトラックバック一覧です: 「両洋の眼展」:

« あと15年でした | トップページ | 説明のない想像の世界 »