« 朝から元気な島の人 | トップページ | ジンベイさま »

2007年2月 5日 (月)

箸やすめ

毎食のレシピを考えて作るほどの根気がなくなってきた。
冷蔵庫にある肉類や野菜でメインを作ればあとは適当、これも年のせいかなと思う今日このごろ。
こんな私が時間を掛けて「茎ワカメの佃煮」を作ってみた。
答志島から持ち帰ったワカメの茎が珍しい土産話となると思ったからだ。
調理時間はかかるが、作り方はいたって簡単 。

①褐色の茎ワカメを薄い塩水に数時間つけて塩抜き。
②塩抜きしたものを熱湯の中に入れて、2~3分沸騰させ冷水にさらす。
 (熱湯に入れた時点で鮮やかなグリーンの色に変わる)
③②を細かく切り鍋に入れ、砂糖、しょうゆ、酒等の調味料を加えて5分ほど煮立てる。
あとは弱火で30分ほど煮込む。
調味料も煮込み時間も全てアバウト。
それでも出来上がりは上々。年の功というか、経験に基づいた食知識の結果なのかもと思いながら、この極上の味を土産話に実家に持って行った。なんせ貰ってきたた量が、下の画像の3倍ほどもあるのだから。

Nama Kuki Siagari

|

« 朝から元気な島の人 | トップページ | ジンベイさま »

コメント

>益樹さん
褒めていただいて嬉しいです。
まあ、普段は手抜き主婦なんですが
跡取りの嫁ですから、何か行事があれば大量の料理を
一人で仕切っています。

我が家の朝食は、パンなんですが
旅をしたときに、旅館で出される朝食には感激します。
やっぱり、白いご飯に味噌汁、日本的な味付けの料理は絶品ですね。
朝食のパターンを変えてみようかな・・・。

投稿: hituij | 2007年2月 6日 (火) 23時44分

茎ワカメの佃煮ですか!いいですね!このような食べものを見ると、なぜかホッとします。西洋化された食物に埋もれた生活が続く中で、砂糖・醤油・酒など日本古来の調味料で味付けされた食物を写真で見ただけで、食欲が湧いてきました。調味料の量も経験から割り出された量でばっちりですね。さすがです!

投稿: 益樹 | 2007年2月 6日 (火) 22時49分

黒酢やレモンの味付けも良いかもね。
極上の佃煮に仕上がったもんだから、箸やすめどころか
メインになっちゃって、ご飯とこれだけで食の進むこと。
また肥えちゃうね。

投稿: hituji | 2007年2月 5日 (月) 22時38分

うわぁぁ!
茎ワカメ!
大好き!

おつまみ用の、黒酢とかレモンで味付けされた茎ワカメをおやつに食べるのが大好きなんです。
おやつが食べたくて食べたくて仕方無い時に、ローカロリーなおやつとして。
あのしゃきしゃきがたまらず大好き。

いいなぁ、山ほどあって(笑)。

投稿: ゆーき | 2007年2月 5日 (月) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163480/13797194

この記事へのトラックバック一覧です: 箸やすめ:

« 朝から元気な島の人 | トップページ | ジンベイさま »